リプレイ/34.11_ADV_だらだらリプレイ2

戦争編

名声が高まって仲間を沢山連れて行けるようになりました。
10人を引き連れていくことが出来るようになったので、前から行ってみたかった所に行ってみることにします。

047.png

コボルドが150匹くらい居る筈の洞窟!
コボルドの本拠地に突撃するのは今回が初めて。
目標はもちろん全滅です。150位なら何回か往復すればいけるんじゃないかな。

048.png

なんだ、全員が戦闘要員じゃないのか。
その上、散発的に単体で襲ってくるので、集中攻撃を受けてひき潰されていくコボルドたち。
高低差の激しい場所なので、敵の攻撃を回避→何も無い所に飛び退いてしまい落下ダメージにだけ気をつけます。

049.png

塔状になった岩山のてっぺん。cave の近くには必ずこのような岩山があるみたいです。なんででしょうね。
なんだか蟻塚を連想させます。

辺りにはコボルドが盗んできたらしき装飾品が散らばってますが……どうでもいいですね。
steel の装備でもあれば別ですが。この程度の戦利品は拾うのもめんどくさいです。

050.png

塔の中腹、北部に地下へと向かうだろう穴を発見しました。

051.png

コボルドを倒しつつ潜っていくとフォートレスモードでは良く見る感じの地層へ。

052.png

地下空洞発見。御馴染みのアレ。広がった場所に出ると、そこがコボルドの本拠地のようです。

053.png

大混戦。
この視界の悪い状態では、何故か視界無視で近くのコボルドを察知し、そっちに特攻できる仲間の方が良く戦えるので、
仲間の塊が移動するのに付いて行って暴れます。

めっちゃ囲まれるなぁ。これ相手が武装してたら全然ダメだったな。危ない危ない。

054.png

結果。
奥のほうに行ったらコボルドマスターシーフがわらわら出てくる、みたいなのを予想していました。
全然そんなことは無く、奥も非戦闘員だけだった。外で見張りしてた hunter(短剣を持っていた)が一番の強敵でした。

150は倒してない気がするけど、仲間も視界外で大暴れしてたようなので、こんなものかもしれません。
盗品が散乱している地域から外まで探しに行くと、本格的過ぎる地下世界探検になってしまうので、これで凱旋。

055.png

仲間も全員(軽い打撲はあるものの)無事に脱出できました。

ちょっとヌル過ぎたので、もう少し歯応えの有りそうな所に行きましょう。

056.png

ココ。死霊術師の塔です。ゾンビがいっぱい居るはずです。

不毛の砂漠を越え、早朝から半日掛かりでたどり着きました。思ったより時間が掛かりました。

片道半日ってことは、あんまり手間取ると、帰り道で人里に辿り着けずに野宿になるってことです。
戦闘が長時間もつれこみ、しかも敗走せざるを得ない、みたいな状況は避けたい所。

057.png

外に一匹だけ見張りのように立っていたゴブリンゾンビを始末し、死体を再利用されないよう遠くにぶん投げ……。
スニーキング状態で扉を開ける!

058.png

えええええ……なんだこの地形……。
出来るだけゾンビを上手く引っ張り出し、回り込んでネクロマンサーを暗殺するのが塔攻略で重要なのですが。
これは、自分はともかく仲間は半壊するかもしれない……。とりあえず死体17体+ネクロマンサー1人か……。

死体はスニーキングをあんまり発見しないみたいですが、
立ち止まってやってくる敵を倒す→足元に死体が積み上がる→その死体をもう一度動かされる
という手順で死体が10近く重なったデススタックが完成してしまうことがあり、その状況でスニーキングを破られると即死もあります。

ていうかこの地形だと多分デススタックが出来るな……。仲間は突っ込んじゃうだろうし。

059.png

ここに重なっています。やべえ。
踏みとどまって戦う選択肢も有って、そうすれば死体にひき潰される前にネクロに届く可能性はあります。
一歩引いたら……仲間はだんだん削られて死体を動かされて、敵がさらに沢山になるんだろうな……。

……もうちょっと頑張ろう。
ぐっ、ネクロマンサーが後一歩の所に……仲間に指示出せれば集中攻撃を命令するのに。

060.png

この位置に居たネクロマンサーを、危険を犯して踏み込んで始末しました。
後は残った死体をちょっとずつ掃除。一応は勝利を得ましたが、仲間は5人死に、残りも満身創痍。

今考えてみると仲間を連れてきて返って手間が増えたかも。ひとりならもっと楽だったような……。

地形が鬼畜過ぎるのでこの後も注意。

1階にある登り階段は、周囲が open space になった階段をさらに2階分上がり、その上で狭い部屋に繋がります。
部屋には死体がいっぱいで、階段の出口を塞ぐので、その下の階の階段に立って戦わねばなりません。
しかしその場所は周囲が open space なので、回避で1歩移動すると足を踏み外して転落します。
その転落者は、後から続こうとしている1階の仲間の頭の上に落ちてくるというオマケ付き。

やっぱひとりで来るべきだった……。

061.png

なんとか突破。ここが階段の出口。死体が重なってて見えないけど。
この部屋に居るネクロマンサーは……そんな奥じゃない所に2人か。よし、やるか。

む、その2人をスニーク状態で暗殺したら、もうちょっと奥にもう1人ネクロが。厳しい。
とにかく退路を塞がれないように気をつけながら戦います。

自分の背後にネクロマンサーの視線を通され、そこの死体を起こされて挟み撃ち、という状況になるとほぼ死ぬので、
ごく普通の敵を各個撃破するよりも余程難しい戦いを強いられます。地形を上手く使わないと。

062.png

分かってても血気にはやると突っ込んでしまう自分。階段を取られました…。
ぐぬぬ、ネクロも踏み込んで来てるので、なんとか倒して復活されないようにするしかない。

よし、隣に来てくれた。後はこいつを滅多打ちにして……あれ、何処行った? 見失いました。
よくよく探してみると、階段の上に立って戦っていたネクロを攻撃したさい、ネクロは回避先に1階下へ行ったみたいです。
さっきの説明のとおりその場所の周囲は1階まで吹き抜けで、つまり視線が通ります。今気がついたけど。

さっき戦って死体がいっぱい寝てる1階に視線が通る……全部再起動されました……。本格的にヤバい。
くそ、本人はぼろぼろのクセに……。

必死でネクロを始末したものの、スニークは既に解け、死体10匹に隣接され、おかわりが回りにうじゃうじゃ居ます。

うおお、攻撃したときに一緒に突っ込んで死体と一緒に倒れ込んでしまった。ばしばし殴られる!なんとかかわす!
転んだ時に殴られると結構死ぬんですが。装備と訓練の御蔭かなんとか生き延びました。

突っ込んだマスはつまり階段なので、これを機に一気に1階まで駆け下ります。退路確保が最優先。

063.png

途中2回くらい転がされ、1回くらいスタンさせられましたが、なんとか脱出。全体的に運が味方しました。
10人居た仲間は2人になってしまいました。

……。さっきの部屋は安全になったはずだから、もうちょっとだけ探索しよう!(泥沼思考)

ちなみに、すごく時間をかけて面倒な作業をする根性があるなら、入り口付近に溜まった死体は運び出して塔の裏に捨てるべきです。
初めて塔を攻略した時はそうやりました。

064.png

あ、こんどはまだマシな地形だ。こうなってたのか。
この画像の上り階段が、さっきの縦長の部屋にあった下り階段と繋がっているようです。
上で戦えば最悪でも退路を塞がれることは無いかな。

おっと、ネクロが踏み込んで来た。背後の死体を起こされて囲まれる前に撤退。
自分は距離を開けられましたが、ネクロは追撃してきた=入り口までの死体も全部起きたので、仲間はそれに飲み込まれたようです。

1人になってしまいましたが、ここまで来て引けない!

感情的な問題もありますが、せっかく敵の配置を確認することが出来たので、
ここで倒さないとまた来た時には敵が再配置されてしまい危険度が上がる、という事情もあります。

入り口付近が開けていて戦いやすい場合は、わざと敵の再配置を促し、
ネクロマンサーが入り口付近に居る時にひとりずつ始末する遣り方も出来るようです。
死体は補充されるっぽいですが、ネクロマンサーは補充されないので、いずれ全滅させられます。

っていうかネクロマンサーだけでもう7人も倒してるんだけど……何人居るの?

065.png

起き上がったゾンビは出来るだけ遠くに引っ張って始末します。
塔の外に坂が有ったので、その坂をスニーキングの掛けなおしに利用し、囲まれないように立ち回ります。

屋内で溜まっているゾンビも、
距離を開けた場所でスニーキングを解く→屋外まで誘導→坂でスニーキングを掛けなおして始末
を繰り返して掃除。

066.png

溢れ出る死体。
いつのまにか塔の外に逃げていた仲間が1人居たらしく、今頃戻って来た彼が追われています。おとりになっているとも言う。
ゾンビの行列を作り、速度差でばらけた所でネクロマンサーを暗殺。

残りは遠くに引っ張って各個撃破。
重なりすぎてヤバいデススタックは、万が一隣で発見されると死ぬので無理せず投石で削る。

067.png

遠くから姿を見せて引っ張り出す手順を3回ほど続けて中階まで制圧。やっぱり1人の方がやりやすかった……。
一番上の階まで上ってみると、生と死の秘密が書かれた石盤を発見しました。あとはこの階を制圧すれば終了かな。

でもまだこの部屋にもネクロマンサーが2人居るという……。慎重に階下に引き寄せ、上手く視線を切って始末しました。

068.png

左の部屋にもゾンビがぎっしり。ネクロはもう居ないのかな。
扉を開けっぱなしにするためにボルトを一本落とし、小分けにおびき寄せて処理しています。

069.png

掃除完了!

随分ボリューム感たっぷりな塔でした。コボルド窟より全然歯応えがありました。
というか普段のプレイなら、この辺で死んでてもおかしくない経過だったのですが、ツイてました。

死霊術師かつ英雄の旅。

塔を攻略した戦利品は、なんと言っても slub です。

神様が創って地上に齎した、生と死の秘密が書かれた石版によってネクロマンサーは生まれます。
彼らは石版を自分達の塔に運び込み、保管します。

つまりその石版を読むと……。

070.png

ネクロマンサーになれました。
ちなみに、アイテムを「読む」のは、拾ってから[I]みたいです。
石版以外にも塔には本も沢山落ちていて、それも読めます。役に立つ内容の本は無いと思うけど……。

ネクロマンサーになっても、即、人類の敵になるわけではないみたいです。
Animete corpse で人間の死体を動かすと、死体を冒涜したとみなされて、それで敵対関係になるのかな?
あと、動かした死体が誰かを攻撃すると自分の罪になるので、それもダメ。

たしか、動かした死体は仲間にも容赦なく襲い掛かってしまうはずなので、Animete corpse は封印します。
今回のプレイは英雄を目指しています。

さて。
塔を制圧したらそこで1泊してから帰る予定だったのですが、塔では休めないらしいです。誤算。

最寄の村まで日が落ちるまで辿り着けなかったので、
少しの間、自分ひとりで夜の野外を歩くことになりましたが、運良く襲われずにすみました。

071.png

Lady さんに大量のネクロマンサー討伐を報告。名声が高まり、話し掛けると褒めてくれるようになりました。
そして……。

072.png

大物の討伐依頼! hydra を倒して来いと言われました。いいですね。
仲間を集めて出発します。

073.png

限界まで仲間を集めたら総人数20人になりました。

074.png

到着。渡河で仲間がひとり逸れました……。
Sneek に邪魔なので近くに居た Louse Man を始末し、こっそりとねぐらに忍び込みます。

075.png
076.png

発見。首が7本あるようです。交戦開始! 対 hydra は自分のプレイでは初対戦です。

あれ、意外と凶悪さは感じない。数の暴力でひき潰してるからでしょうか。あっという間にボロボロに出来ます。
トドメを刺すのには時間が掛かりそう……なのかな?

最終的に、負傷によりほとんど動けなくなった hydra を滅多うちにして失血死させました。
Killは仲間の誰かが獲得したようです。むう。

どうも、メガビーストの中ではそれほど強く無いみたいです。
特筆すべき点は「回復能力がズバ抜けて高い」らしいのですが、戦闘中にどんどん再生することも無いそうです。
1カ月くらい放置すると、凄く負傷してても全快しちゃうそうですが、切られた頭が生えてきたりもしない。
アドベンチャーモードでは普通に倒せてしまうのでした。

hydra を試しに捌いてみたら、肉が265も取れました。Forgotton Beast 並です。
necromancer はもはや飲食をする必要は無いのですが、記念に心臓だけ食べておきます。
後は骨とかをちょっと持って帰ろうかな。

……お、重い……頭蓋骨の重量6はともかく(それでも複数個あるから重いけど)、
頭のウロコが重量15、胴体のウロコが重量117、頭そのものを捌かずに持ってくると重量331か……。

綺麗に切り落とされた頭を1、他の首の頭蓋骨6、綺麗に取れた頭のウロコ2、身体のウロコ1を運んできます。
やっぱ頭7個持って帰らないとヒドラの記念品とは言えないよなとか考えてたら、全然ちょっとじゃなかった。

077.png

コレクションルームと化した Lady の部屋。コボルドの卵だけ場違い。

078.png

へへへ、次は titan 退治を頼まれちまったぜ。ついに titan !
titan は forgottn beast のようにランダムな能力を持つので、引き次第では相当ヤバい。
まあ、行ってみましょう。

079.png

これだけの人数で移動していると、そこら辺に居る野生のヒューマノイドの群れくらいは一蹴。
ふらふら遠くまで追って行ってしかも大怪我、とかよりはマシかな……。自然破壊に繋がりそうだけど……。
一箇所で短期間に動物を倒しすぎると絶滅するみたいなことはどっかで読んだ記憶が。

080.png

邪悪エリア。こんな気持ち悪い土地に titan は居るそうです。うねうね。

081.png

神殿地形の中に発見。まだこっちには気が付いていないようです。
身体が塩で出来ている巨大な四足獣だとのこと。塩なら楽勝!壊死の霧吹いたりしなければ!

082.png

吹きませんでした。楽勝でした。可愛そうな方向にランダム能力を引いてしまった titan さんでした。
うーん……塩の頭を持って帰るか……。重さ487か。ヒドラもそうだったけどこれも重い。

目的地が遠すぎて野宿必至だったので、なんとなく不吉な予感がする邪悪地域だけ突破して1泊。
その後は特に何も無く……えっと、渡河か。塩で出来たもの持って渡河したら溶けちゃうんじゃ……?
実験したくないなぁ。

重いのにここまで運んできたのが溶けると哀しいので、川越しにぶん投げて後から拾って運びました。
実際どうなんでしょうね。濡れたら溶けるの?

083.png

サソリ出現。速度200しかないので初手の行動はここでも「タイタンの頭を落とす」です。

どうも荷物を拾ったり捨てたりする時の時間経過は、行動終了時のスピードで処理されるらしく、
低スピード時に重い物を置いても、敵がそのぶん一気に行動してきたりは多分無いです。

現状ではスピードが十分だけど、間違えて敵の前で超重量のアイテムを拾おうとしてしまった。
こういうのは逆にヤバいかも。

まあ、サソリ2匹くらい仲間に任せてなんとでもなるんだけどね。
かくして塩で出来たタイタンの頭は無事に持ち帰られ、コレクションに加わりました。

084.png

タイタン退治おかわり。

大軍を率いていくと、大物のkillを自キャラに付け難くなるのがイヤなんですが、
流石に titan 相手に少人数で突っ込みたくないジレンマ。今回も仲間を沢山率いていきます。

085.png

とりあえず13人。

ただ、見てもらえれば判ると思いますが、仲間がバグってますね。satabo さんが2人居ます。
実人数を数えてみたら自分以外12人なので、satabo さんが2回数えられてるみたいです。
どうしてそうなったかはちょっと判りません。

どうせもう片道1日とかの世界なので、今はもう正午だけど、野宿覚悟で突っ走って行きます。

長生きしたければ、多分これは良く無い判断です。
睡眠中の奇襲で起きられなかった場合、大軍で移動してても死ぬ可能性は結構あります。
やっぱり途中の洞窟などを見つけて、中継地点を確保しつつ行動範囲を広げるのがベストかと思います。

またサソリに襲われたけどそれも一蹴。

086.png

睡眠中の不穏な気配。これも一蹴できるかな。そもそも何者だろう。

087.png

couger が来たらしい。ゴブリンとかじゃなくて良かった。

feel uneasy は野生動物の気配なんでしょうか?
これで詳細マップに戻されたけど近くに何も居ない気がする、というのは何回か経験していて、
一体なんの表示なのか未だに謎です。

feel uneasy が出た直後、一歩も動かないで[T]に戻れたことも有ったような。

ああ、この暗闇の中で飛び道具を当てれるクロスボウ兵はすごいなあ。
味方の動く方向で、やっと敵がどっちから来てるか把握した時にはもう couger は始末されていました。

朝まで寝なおして改めて titan のねぐらまで出発。

……。えっと、目的地の近くで渡河しようとして、仲間全員とはぐれているのに気が付きました。
仲間がまだ寝惚けてる内に広域マップに入ってしまったのが良くなかったのかもしれません。
見渡す限りの大森林の中に自分1人なんですが……。

まあ、もう目と鼻の先に目的地が有るので、倒せないとしても titan の顔は見てから帰ろう。

088.png

すごく可愛そうなことに、この titan も塩で出来ているらしいです……。

089.png

下手したらコボルドの方が強い。
身体のメインの部分の塩は重量3814も有ったので、無抵抗で伸し掛かられたりしたら死ぬとは思いますが。

ていうかコイツ重いな。下半身が重量6042、ぶっとばした腕と足も重量4ケタ台か。
合計で重量10000オーバーなので、さっきの titan と比べても全然重い。

仲間全員とはぐれてしまっているし、今回は記念品は諦めます。残念。
戦闘中に手頃な大きさに分割することも考えて戦えば良かったかも。どうせ塩だし。

090.png

タイタン退治の依頼、3匹目。
うーん、今仲間0人だけど……5人くらいで行ってみるか。広大な砂漠を突っ切ってねぐらに到着。
特に書く事も無く平和な旅でした。

ただ問題は、あまりに何も無い砂漠の真ん中にタイタンの社が有るので、スニーキングできないこと。

091.png

うひ、まずい。最悪でもないけど強いタイプの構成だ。

蜘蛛型の敵は特に注意書きが無くても Web を使ってきます。
あと、蜘蛛やサソリなどの部位が多い(多足の)敵は、適当に攻撃部位を決めてしまうNPCにとっては、
「既に半壊した部位を無意味に攻撃してしまう」という事故が発生しやすく、結果的に耐久力が上がるらしいです。

092.png

ほら来た。蜘蛛糸吐きの射程長いなー。
特攻する仲間は援護しようが無いのでほっといて迂回し、神殿の柱を利用して sneek に入ります。

そして背後に回ってボルト投げ。この時点で仲間は全滅しています。気付かれないかドキドキ。

093.png

何発か有効打を打ち込むことが出来ました。が、タイタンが転倒。
転倒してる相手には投擲が当たらないんですよね。いまいち変な気がするので、当てる方法が有るんでしょうか?

周囲の蜘蛛の巣がバリアのようになってるので近付くのも怖い。
スニークを解いて手前に引っ張り……起き上がらずに這って来てるのかな。やっぱりボルト投げが当たらない。
もうこうなっては接敵して殴るしかないか。

おそるおそる滅多打ちにします。中々死なないのでヒヤヒヤします。
蜘蛛とかサソリとかの弱点って何処なんでしょうね。頭胸部を壊せばいいんでしょうか。角度を変えても狙えないなぁ。

094.png

……まずい、見付かった。

095.png

あれ、簡単に振り切って隠れられた。もう素早い反応とか蜘蛛糸吐きが出来ないほど弱ってるのか?

096.png

倒せました。
頭胸部が全然狙えなかったので腹部を叩いていたんですが、それじゃ倒せませんでした。
脚を叩いて姿勢を崩したら頭胸部のガードが開いたので、そこで頭胸部を叩いたらそれがトドメになりました。

それでは解体〜。塩で出来た生物は解体出来なかったけど、これは解体できるようです。肉141個。さすが大型生物。
例によって心臓だけ食べ……こいつ毒持ちだったっけ。平気かな。多分、噛み付きに毒があるだけだよな。食べちゃえ。

別にお腹は壊しませんでした。

この蜘蛛のキチン質は重量1151で、仲間が居ないなら運ぶのを断念する重量なんですが。
だって、It's gold exoskeleton is sleek and smooth ですよ? なんとか持って帰りたい。

そこで思いつきました。
自分には Animate corpse があった! 起こして自分で歩かせよう!

幸い、仲間は全滅してしまったし、同士討ちの心配もありません。
人里近くに来たら無抵抗のゾンビ(ゾンビ?スケルトンが近いかな?)を潰しなおせば良いのです。
それに、砂漠の真ん中なのにもう夕方で、夜歩きをする以上、護衛は必要です。

よしそうしよう。

097.png

渡河しようとしたら超反応で生物の気配を察知して明後日の方向へと向かう死体蜘蛛。
しかもこいつ早い。スピード1800の自分と同等のスピードがある。

近くに生物が居ない場所でないと渡河どころじゃない感じですが、この川は砂漠のクセに何処行っても生物が居る。
いや、砂漠の中の川だから生物が集まるのか?

ラクダにカバに……カバに突っ込んで平気? カバ強いよ? え、もう1匹倒したの?
そうですか。さすが titan のゾンビ。
あ、でもそっちは……。

098.png

川の中で血だまり広げてる場合じゃないって!そっち滝だから!

099.png

戦闘とは別の意味でヒヤヒヤさせられます。

100.png

ゴブリンの襲撃。寝てるときに夜襲かけられるよりはマシかな。
視界範囲にクロスボウ兵3匹。これは……ちょっと怖い。とび来る silver bolt を交わしながら接近して順に始末。
殺しきらなくても怯ませておけば脅威度は格段に下がります。

101.png

完勝。蜘蛛さんがヤバ強い。
組み付き→投げ飛ばしで宙を舞ったゴブリンが、こっちの3行動後にやっと落ちてきて潰れたりしてました。

102.png

無謀な野生動物。
我々に可食部はあるのでしょうか。necromancer は一応肉があるのかな。美味しく無さそうだけど。
さくっと倒し、良く考えたら別に寝る必要も無いので夜通し歩いて帰還。

103.png

砂漠地帯ですが、朝方は川が凍るようです。寒暖差激しい?

拠点の砦に辿り着いたので、後は蜘蛛を再び死体に戻すだけ。
ネクロマンサーはゾンビ系の攻撃対象にならないので、一方的にバシバシぶったたいて倒せる筈です。

対ゾンビ無敵を利用して、ゾンビが自動補充される塔で武器の特訓とかも出来たりします。
また、塔攻略も、ゾンビの群れを突っ切ってとにかく Slub を読むことに全力をかけるのも一応アリ。

倒せるはず……倒せるはず……よし。すごい時間掛かったけど。
かくして持ち上げるとスピードが99にまで落ちる超重量物を持ち帰ることが出来ました。

104.png

(だらだらリプレイ3へ続く)


添付ファイル: file104.png 5件 [詳細] file103.png 91件 [詳細] file102.png 106件 [詳細] file101.png 8件 [詳細] file100.png [詳細] file099.png 101件 [詳細] file098.png 20件 [詳細] file097.png 12件 [詳細] file096.png 81件 [詳細] file095.png 107件 [詳細] file094.png 95件 [詳細] file093.png 82件 [詳細] file092.png 8件 [詳細] file091.png 92件 [詳細] file090.png 114件 [詳細] file089.png 104件 [詳細] file088.png 80件 [詳細] file086.png 103件 [詳細] file087.png 13件 [詳細] file085.png 94件 [詳細] file084.png 8件 [詳細] file083.png 102件 [詳細] file082.png 12件 [詳細] file081.png 98件 [詳細] file079.png 17件 [詳細] file080.png 10件 [詳細] file078.png 102件 [詳細] file077.png 102件 [詳細] file076.png 6件 [詳細] file075.png 18件 [詳細] file074.png 4件 [詳細] file073.png 97件 [詳細] file072.png [詳細] file071.png 97件 [詳細] file070.png 100件 [詳細] file069.png 17件 [詳細] file068.png 91件 [詳細] file067.png 7件 [詳細] file066.png 8件 [詳細] file065.png 12件 [詳細] file064.png 99件 [詳細] file063.png 20件 [詳細] file062.png [詳細] file061.png 91件 [詳細] file060.png [詳細] file059.png 8件 [詳細] file058.png 8件 [詳細] file057.png 91件 [詳細] file056.png 93件 [詳細] file055.png 5件 [詳細] file054.png 5件 [詳細] file053.png 17件 [詳細] file052.png 102件 [詳細] file051.png 94件 [詳細] file050.png 10件 [詳細] file049.png 9件 [詳細] file048.png 11件 [詳細] file047.png 107件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-04-11 (木) 21:10:21 (1989d)