deons genesisプレイ日記

1.Mastiff

ドワーフ達の旅立ちは、手荒い歓迎でもてなされた。

02a.png

マップに初期配置されていた猿どもがドワーフの食料を狙って襲い掛かってきたのだ。
逃げ回るドワーフ・・・正直、何度も近寄って来ては作業を妨害する相手に何も打てる手はなかった。

02b.png

だが、猿どもは初期配置されていた2頭のMastiffによって撃退される。
Mastiffは正直聞いた事のない動物だったので、ぐぐってみた。

02c.png

Blue Neo puppy at 10 weeks old
By Phil2511 at en.wikipedia [CC-BY-SA-3.0 (www.creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)], from Wikimedia Commons

怖ええっぇええぇええ!(まだ生後10週間の子犬なのに)
こいつはNeapolitan Mastiffで番犬等に使われ、古くはローマ軍にも居たらしいよ。
ちなみに土佐犬がJapanese Mastiffにあたるらしい。
(出典:Wikipedia)

・・・ともあれ、猿は全滅した。MastiffはDogと違ってそう積極的に敵を追わないみたいだが
今回は存分に番犬として働いてくれたと言えるだろう。

2.開拓方針

さて、これからどのような要塞を建築していくかだが・・・。
今回のプレイ日記では、目標を立てて達成を目指す、という点は既に述べた。
その観点で行くと、

小目標A【文化】:地下空洞を発見し、拡張する事で地下に広がりのある空間を形成し
         5高度差以上の城と3高度差以上の城下町を作成・移住する(10年じゃ無理かも)

の達成を目指すためには地上やそこらへんの壁を掘ったあたりに要塞を作っている暇はない。
しかしこのマップには猿だけでなく、ワニやカバ、オランウータンや危険な魚類等が生息しているようだ。

02d.png

そこで、さしあたっては最低限の防備だけ建造しつつ地下空洞を探すことに決定。
少々危険だが、魚類の近くに居ない川辺に砦を築くことにした。

3.誤算

と考えていたら、5階層ほど掘ったところで早くも地下洞窟を発見してしまった!

02e.png

いつもはもっと掘らないと見つからないのだが・・・。
さて・・・前述の目標達成のためには、ここに移住する必要がある。
これほど早期に発見でき、かつ見える範囲に居る生物がGiant olmだけとあれば
千載一遇の好機と言えるかもしれない。

02f.png

だが、地下空洞の底はおなじみの地底湖が存在しており、封鎖は大変困難に見えた。
(縛りでは地上⇔要塞間の封鎖は禁じているが地下空洞の奥を封鎖するのは問題ない。)
もし、封鎖中にForgotten Beastが発生したり、そうでなくとも大型の好戦的な生物や
地底の先住民と遭遇すればそこで試合終了である。
うーむ悩む・・・。今なら1マスふさぐだけで封鎖できるからなぁ・・・。

決めた!このまま地下空洞に移住しよう!
このまま放置しておくと後々Forgotten Beastが発生した後で、倒しながら封鎖・移住をすることになりかねない。
そちらのほうがリスクが高そうだ。
封鎖には時間がかかるが、飛行型生物の進入を考えなければ比較的作業は少なくなる。
なぁに、そんな奴ら出てきっこないさ。
そう考えた我々開拓団は、泥だらけの地下に移住を開始したのだった・・・。

4.地下との格闘

地下に移住するにあたって、我々はまずは地底湖を何とか封じなければならないと考えた。
地底湖は底で隣接する広大な空間とつながっており、そのままにしておけば水棲型の怪物を呼び込みかねない。
そこで、豊富に産出するObsidianによる埋め立て作業を開始した直後のことである。

02g.png

恐れていた事態が発生、Troglodyteの奇襲を受けてしまった・・・。
幸い、Meeting roomを地下に設定しておいたため、Mastiffによる迎撃に成功したが
Troglodyteによる襲撃は5体にも及び石工が大怪我を負ってしまった・・・。

02h.png

これを受け、不本意であるが地底湖の埋め立て作業は中断。
移民による労働力と戦力が確保できるまで地底湖方面の空間は封鎖することとなった。

5.軌道に

秋に突入した。そろそろ石細工を連続生産する時期だ。ここで、要塞全体を振り返ってみることにした。

02i.png

仮住まいとしている地上の要塞だが、こんな感じに設計した。
平時は跳ね橋をおろしているが戦時になったら上げ、侵略者どもは1マス幅の通路を射手に撃たれながら進まなければならない構えである。
もちろん、スパイクも早い段階で植えていきたい。(わざわざFloorを作っているのは木が生えたら縛りに反するので)

02j.png

地下空洞の封鎖も順調に進んでいる。一度見落としていた場所からdraltha4体が進入して来たときはひやりとしたが・・・
案外好戦的ではなかったため、クロスボウ兵2人で追い回して殲滅した。賭けではあったが。
そのほかにも有象無象の襲撃があったが、Mastiffの活躍もありドワーフに被害はなかった。
だがその代償として、Mastiff2匹は哀れにも瀕死の重態になってしまった・・・。
もう君たちは休んでいいんだ・・・。

02k.png

地底湖封鎖をあきらめたのが奏功し、空路の封鎖に既に取り掛かることができている。
この調子で行けば、地下空洞の安全確保は案外早く終わるかもしれない。
もっとも、現在掌握している範囲には城や城下町はとてもではないが、まだ建造できるスペースがないので
将来的には壁を掘って空間を広げるか、封鎖地域を制圧するかしなければなるまい。

02l.png

最後に現在のステータス。移民が既に2回来たが人数は少なめで、特に使える人材もいなかった。
食料はdralthaの肉が大量に得られたのでさしあたっての問題はない。これからキャラバンも来るしね。
とりあえず、今後の課題としてはAmbushやSiegeに備えて野外の防御を充実させていくことだろうか・・・。

02m.png

今のところdeons genesisの特色が余り伝えられず申し訳ない。
追加の生物や植物等はたびたび見かけるのだが、その度にSSを貼ってくと大変なことになるので。
まだ1年目秋というのにページがだいぶ長くなってしまった。
とりあえずここで一旦切ります。
続き


添付ファイル: file02m.png 43件 [詳細] file02l.png 44件 [詳細] file02k.png 45件 [詳細] file02j.png 47件 [詳細] file02i.png 42件 [詳細] file02h.png 46件 [詳細] file02g.png 40件 [詳細] file02f.png [詳細] file02e.png 49件 [詳細] file02d.png 46件 [詳細] file02c.png 200件 [詳細] file02b.png 168件 [詳細] file02a.png 1件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-02-07 (月) 04:34:47 (2718d)