作成時のVersion   
最終更新Version0.31.18

英語wikiから石・鉱脈・宝石などに関する情報を寄せ集めた。


概念

大地はいくつかの地層から成り立っている。これはembark画面で確認することが可能。
地層には、土の地層と石の地層とがある。

鉱脈や宝石は全て地層の中に含まれる形で生成され、それ単独で生成されることはない。 つまり、地層によって鉱脈や宝石の種類が左右されることになる。

土の地層(Soil Layers)

最終更新Version0.31.18

砂や粘土、その他の“石でない”地層すべてがこのグループに含まれる。

embark(入植)時の画面では、土の地層名は (大抵はリストの冒頭に) 茶色で表示される。

土の地層では農耕を行うことが出来る。詳細はTips/農耕?を参照のこと。
ちなみにタイルが「Subterranean. (地下である)」と表示されるときだけ地下植物を植えることができる。これをチェックするにはkモードでタイルを確認すること。

土の掘削は石の掘削よりはるかに楽で早く、また掘削に伴う副産物も発生しない。Minerの訓練に良いだろう。

土はsmoothingで平らに磨くことが出来ない。engravingも出来ないため、土を掘りぬいた部屋の価値を高めるのは難しい。
また、土はfortification(防護壁)に加工することが出来ない。

土の地層として扱われるものは以下の通り。

Topsoil(表土)

Clay<粘土>、Loam<壌土、ローム>、Peat<泥炭>、Silt<沈泥、シルト>、およびそれらが混ざった土の層。

一部、絶対に帯水層(Aquifer)が存在しない地層もある。

  • ver0.31では、clayを含む層が「帯水層なし」と設定されているようだ。粘土は水を通さないので。
    但し、clay以外のものが2種類以上含まれる層(Sandy clay loam、Silty clay loam)には帯水層が存在し得る。粘土以外の混ざり物の比率が高いのだろう。

ちなみにこれらは後述する砂の層とは違い、(例えsand(sandy)と呼ばれていたとしても) ガラス用の砂を採取することはできない。

地層名Aquiferの存在
Clay×無し
Clay loam×無し
Sandy clay×無し
Silty clay×無し
Loam○有り
Loamy sand○有り
Peat○有り
Sandy clay loam○有り
Sandy loam○有り
Silt○有り
Silty clay loam○有り
Silt loam○有り

Ocean Floor(海底)

深い海の底でみられる土の層。
これらの層には帯水層が存在し得る。

プレイ中、これらの層を見かけることはごく稀であろう。

地層名
Pelagic clay <遠洋性粘土>
Siliceous ooze <ケイ質軟泥>
Calcareous ooze <石灰質軟泥>

Sand(砂)

砂の層。
これらの層には帯水層が存在し得る。

砂の色に関わらず、ガラス細工用の砂を採取できる。

地層名
Sand (tan) <普通の(黄褐色の)砂>
Black sand <黒砂>
Red sand <赤砂>
White sand <白砂>
Yellow sand <黄砂>

石の地層(Stone Layers)

最終更新Version0.31.18

石は「地層を形成する石」と「地層の中に含まれる石」に分類できる。

石の地層として扱われるものは以下の通り。
石の地層を掘削すると、その地層の石や、地層に含まれていた石/鉱石/宝石などが掘り出されることがある。

●印のついている石は、マグマに触れても溶けない。これらの石を用いた構造物やmechanismも同様である。

地層選びのポイント:

  1. SedimentaryもしくはIgneous extrusiveに属する地層がなければ、その土地で鉄鉱石を採掘することはできない。
  2. Limestone、Dolomite、Chalk、Marbleのどれも無ければ、輸入しない限りその土地でsteelを作ることは出来ない。

Sedimentary(堆積岩)

embark(入植)時の画面では、白文字で表示される。
ゲーム開始時、Igneous extrusiveの地層がある地域には決して生成されない。

名称
Shale<泥板岩>
Claystone<粘土岩>
●Chert<チャート>
Conglomerate<礫岩>
●Sandstone<砂岩>
Siltstone<シルト岩>
Mudstone<泥岩>
Dolomite<苦灰石>
Limestone<石灰岩>
Rock salt<岩塩>
Chalk<チョーク>
  • (0.28.181.40dでは、これらに加えて Flint<フリント> が存在していた。)

これらの地層には、あらゆる種類の鉄鉱石(Hematite、Limonite、Magnetite)が埋まっている可能性がある。
また幾つかの地層の石(Chalk、Dolomite、Limestone)は、そのままsteelを精錬する際のfluxとして使える。

更に、Magnetiteの地脈の中では(たまに地脈からはみ出すこともあるが)プラチナ(Platinum nuggets)が見つかる可能性がある。

鉱石以外にも、各種の石炭(Bituminous coal、Lignite)やポーキサイト(Bauxite)などの有用な石が埋まっている可能性がある。

ちなみに、ルビーやサファイアが見つかる可能性があるのは、この地層だけ。(具体的にはポーキサイトの中にのみ生成される)

Metamorphic(変成岩)

名称
Slate<スレート>
Schist<片岩>
Gneiss<片麻岩>
Phyllite<泥質千枚岩>
Marble<大理石>
●Quartzite<石英岩>

Sedimentaryより鉱物資源に乏しいようだ。
一応Marbleは、steelを精錬する際のfluxとして使える。

ちなみに、宝石がよく見つかる傾向があるようだ。

Igneous extrusive(噴出岩)

embark(入植)時の画面では、暗い文字で表示される。
ゲーム開始時、Sedimentaryの地層がある地域には決して生成されない。

名称
Andesite<安山岩>
●Basalt<玄武岩>
Obsidian<黒曜石>
Rhyolite<流紋岩>
Dacite<石英安山岩>*1

これらの地層には、Sedimentary以外では唯一、鉄鉱石(Hematite)が埋まっている可能性がある。
他にも金や銅など、各種の鉱石が埋まっている可能性がある。
その中でも特筆すべきは天然アルミニウム(Native aluminium)だろう。精錬してaluminiumにすると、(DFの世界では)プラチナ並に高い価値をもつ。

また、その地域には何らかのマグマが(マグマの海以外の状態で)存在しているかもしれない。

Obsidian

Obsidianは特別な存在で、通常の地層のほかに、溶岩プールや火山の周辺を囲んで見られる。
また、マグマと水が接したときにも、多量の蒸気が発生すると共にそれらがObsidianに変化する。
掘り出したObsidianは(木材と併せて)Craftdwarf's workshopで加工することにより、steelに匹敵する高威力のshort swordを作れる。

Igneous intrusive(貫入火成岩)

名称
Diorite<閃緑岩>
●Gabbro<斑糲岩>
Granite<花崗岩>

これらの地層には金や銅の鉱石が埋まっている可能性がある。

また、その地域にはIgneous extrusiveと同様に、何らかのマグマが存在しているかもしれない。
しかし存在するとしても、Igneous extrusiveよりも地中の奥深くの場所になるだろう。

ちなみに、Gabbroの地層からは各種のダイヤモンドやプラチナ(Platinum nuggets)が見つかる可能性がある。

  • Gabbroの地層内にKimberliteの地脈があった場合、その中に各種ダイヤモンドが生成され得る。他では見られない高価な宝石だ。
  • Gabbroの地層内にChromiteの地脈があった場合、その中にプラチナが生成され得る。
    • ver0.31時点では、Chromiteの有無に関わらずOlivineの地脈があればプラチナが生成され得るが、これはバグである。

沖積層(alluvial layers):幻の地層

最終更新Version0.31.18

各種の色付きjadeは、alluvial(沖積層)の地層の中でのみ生成されることになっている。
(blue, lavender, pink, white, green)

また、alluvialの中では以下の鉱石も生成されることになっている。

  • native gold<金鉱>
  • native platinum<白金鉱>
  • Cassiterite<錫石>

しかし現在のところ、alluvialに属する地層は存在しない
幻の地層、幻の素材である。

地層に含まれるもの

地層に含まれる石

最終更新Version0.31.18

地層に含まれる石・鉱脈・宝石は、基本的に地層のグループによって決定される。 これらの石類を掘り当てると、「You have struck ○○!」というメッセージが出る。

地層に含まれる石のほとんどは特別な効果を持たない。 ただ、それらの石の中に別の鉱脈・宝石を含んでいることがある。

●印のついている石は、マグマに触れても溶けない。これらの石を用いた構造物やmechanismも同様である。

名称それを含む地層/石
Microcline<微斜カリ長石>All Stone(L)水色
Cobaltite<輝コバルト鉱>All Igneous(V),
All Metamorphic(V)
Kimberlite<キンバーライト>Gabbro(V)
●Rutile<金紅石>All Metamorphic(S),
Granite(S)
●Pitchblende<瀝青ウラン鉱>Granite(S)
●Petrified wood<化石木>All Sedimentary(S)
Cinnabar<辰砂>All Igneous extrusive(V),
Shale(V), Quartzite(V)
Realgar<鶏冠石>All Igneous extrusive(S)
●Kaolinite<白陶土>All Sedimentary(L)深紅
●Bauxite<ボーキサイト>All Sedimentary(L)深紅
Puddingstone<礫岩>Conglomerate(L)
Serpentine<蛇紋石>Olivine(S)
●Olivine<カンラン石>Gabbro(L)
Brimstone<硫黄>All Igneous extrusive(S),
Gypsum(S)
Orpiment<雄黄>All Igneous extrusive(S)
●Orthoclase<正長石>All Igneous intrusive(L),
All Metamorphic(L)
Saltpeter<硝石>All Sedimentary(S)
Sylvite<カリ岩塩>Rock salt(L)
Gypsum<石膏>All Sedimentary(L)
Calcite<方解石>Limestone(S), Marble(S)
Alabaster<雪花石膏>Gypsum(S)
●Alunite<明矧石>All Igneous extrusive(L),
Kaolinite(L)
Borax<硼砂>Gypsum(S), Rock salt(L)
Marcasite<白鉄鉱>Kaolinite(S)
●Periclase<ペリクレース>Marble(S)
Cryolite<氷晶石>Granite(S)
Satinspar<繊維石膏>Gypsum(S)
Selenite<透明石膏>Gypsum(S)
●Talc<滑石>Dolomite(L)
●Anhydrite<硬石膏>Gypsum(S), Satinspar(1), Alabaster(1), Selenite(1)
Stibnite<輝安鉱>All Igneous extrusive(S)
Bituminous coal<れき青炭>All Sedimentary(V)
Pyrolusite<軟マンガン鉱>All Igneous(S)
●Chromite<クロム鉄鉱>Olivine(V)
Graphite<石墨、黒鉛>Gneiss(S), Quartzite(S), Marble(S), Schist(S)
Hornblende<角閃石>All Igneous(S),
All Metamorphic(S)
●Ilmenite<チタン鉄鉱>Gabbro(S)
Jet<黒玉>All Sedimentary(L)
Lignite<亜炭>All Sedimentary(V)
●Mica<雲母>All Metamorphic(L),
Granite(L)
  • (L):large clusters(大きな塊)。Local mapの1マス(ゲーム画面で48x48の広さ)の半分近くを占めるサイズがあり、各マスの各階層ごとに1つしか存在しない。
  • (V):veins(帯状)。
  • (S):small clusters(小さな塊)。一ヶ所に5〜10個程度まとまって存在する。
  • (1):individual tiles(タイル1マス)。

表に出ている石の中で金属加工に役立つ石は:

  • Bituminous coal、Lignite
    • これらの石炭はsmelterでcokeを作ることが出来る。cokeはcharcoalと同じく燃料として使用できる。Bituminous coalは3つ、Ligniteは2つのcokeを作り出すことが出来るが、普通のsmelterでは生成のために燃料を1つ必要とする。
    • なお高熱に晒されると木材のごとく引火するので取り扱い注意。
  • Calcite
    • pig ironやsteelを作るときに必要となるFluxの一種だが、これを含むLimestoneやMarbleもFluxである。

宝石や貴金属による一攫千金を狙える石は:

  • Bauxite
    • rubyとsapphireを含むことがあるが、これらはその中にstar rubyやstar sapphireというレアな宝石を含んでいることがある。
    • 以前のバージョンでは、マグマに触れても溶けない唯一の石として重宝されていた。
      しかしver0.31において、他の多くの石がマグマに耐えるようになった(融点がマグマの温度12,000U゜より高くなった)ため、その点においての利点はなくなった。
  • Chromite
    • プラチナ鉱石のPlatinum nuggetを含むことがある。プラチナ鉱石を含む石は、Chromiteの他には鉄鉱石のMagnetiteしかない。
  • Kimberlite
    • faint yellow diamondを含むが、この中に各種のレアなdiamondを含んでいることがある。同じdiamondでもlight yellow diamondの中にはレアなdiamondは含まれない。

鉱石

最終更新Version0.31.18

鉱石は、地層に含まれる石と同様に、基本的に地層のグループによって決定される。 これらの石類を掘り当てると、「You have struck ○○!」というメッセージが出る。

掘り出された鉱石は独特な記号で表示されるので、普通の石と見分けが付きやすい。
ちなみに「native ○○」の鉱石は、掘り出されると「○○ nuggets」と呼ばれるようになる。

石/鉱石記号
native Aluminum^
Bismuthinite%
Magnetite ~
その他の鉱石£
  • なお、以下の石も鉱石と同じ記号(£)で表示されるが、このゲームにおいては精錬できないので注意。
    • Cinnabar<辰砂>(水銀の原料)
    • Cobaltite<輝コバルト鉱>(コバルトの原料)

鉱石は、smelterで精錬することにより、単体の金属や合金のbarに加工できる。→金属
鉱石によっては、金属に精錬すると価値が変化するものがある。(大抵は鉱石のときより高まる)

  • 以下の表で、出来る金属の欄に「追加の○○(**%)」とあるものは、精錬時に**%の確率で○○のbarが一緒に生成される。

●印のついている鉱石は、マグマに触れても溶けない。これらの石を用いた構造物やmechanismも同様である。

名称それを含む地層/石出来る金属Value(鉱石/金属)鉱石の色
Bismuthinite<輝蒼鉛鉱>Granite(S)Bismuth1/2
●Sphalerite<閃亜鉛鉱>All Metamorphic(V)Zinc2/2
Tetrahedrite<四面銅鉱>All Stone(V)Copper, 追加のSilver(20%)3/2(+10)
●Magnetite<磁鉄鋼>All Sedimentary(L)Iron8/10
●Hematite<赤鉄鉱>All Sedimentary(V), All Igneous extrusive(V)Iron8/10深紅
●Cassiterite<錫石>All Alluvial(S),
Granite(V)
Tin2/2
native Copper/Copper nuggets<銅鉱>All Igneous Extrusive(V),
Sandstone(V)
Copper2/2
Malachite<孔雀石>Limestone(V), Marble(V)Copper2/2
Garnierite<ケイニッケル鉱>Gabbro(V)Nickel2/2黄緑
native Gold/Gold nuggets<金鉱>All Igneous(V), All Alluvial(S)Gold30/30
Limonite<褐鉄鉱>All Sedimentary(V)Iron8/10
●native Platinum/Platinum nuggets<白金鉱>All Alluvial(S),
Olivine(V), Magnetite(V), Chromite(S)
Platinum40/40
native Silver/Silver nuggets<銀鉱>Granite(V), Gneiss(V)Silver10/10
native Aluminum<天然アルミニウム>All Igneous Extrusive(S)Aluminum40/40
●Galena<方鉛鉱>All Igneous extrusive(V), All Metamorphic(V),
Granite(V), Limestone(V)
Lead, 追加のSilver(50%)5/2(+10)
Horn silver<角銀鉱>Native silver(S)Silver10/10
raw Adamantine<アダマンタイト鉱>The depthsAdamantine250/300水色
  • (L):large clusters(大きな塊)。Local mapの1マス(ゲーム画面で48x48の広さ)の半分近くを占めるサイズがあり、各マスの各階層ごとに1つしか存在しない。
  • (V):veins(帯状)。
  • (S):small clusters(小さな塊)。一ヶ所に5〜10個程度まとまって存在する。

raw Adamantine(アダマンタイト鉱)

raw Adamantineは特別な存在で、他の石/鉱石の生成ルールからは外れて生成される。
地底の深淵にチューブ状で存在しているようだ。
発見すると「You have struck Raw adamantine! Praise the miners!」と出てゲームが一時中断される。

加工の際にも専用のスキル(Strand extractor)があり、また金属として利用するだけではなく「アダマンタイト布」を織って布製品にもできるという、神秘的な金属である。

宝石

最終更新Version0.31.18

レア宝石でない宝石は、全てSmall clusters<小さな塊>として産出する。
レア宝石は、emerald以外の貴石(faint yellow diamond、ruby、sapphire)の塊の中に単体で含まれている事がある。

Crystal glassの原料になるRock crystalはどの地層からでも取れる可能性がある。

rough gem(宝石の原石)は、そのままでも下記のValueの3倍の価値をもつ。
またJeweler's workshop?で加工する事により、更に価値が高まる。→Gem Cutting

ドワーフのキャラバンは、各種のrough gemやcut gemを持ってくる可能性がある。
人間のキャラバンは、各種のガラス(raw glassもcut glassも)を持ってくる可能性がある。

ガラス

砂などから作成したraw glass(未加工のガラス)は、rough gemと同様に扱うことができる。
Jeweler's workshop?でカットすることによりcut glass(切子)にすることもでき、これはcut gemと同様に扱うことがでぎる。

宝石名ValueColor
green glass <緑ガラス>
clear glass <透明ガラス>青緑
crystal glass <水晶ガラス>10×

Ornamental<装飾用の石>

宝石名ValueColorそれを含んでいる石
morion <モリオン/黒水晶>All stone
onyx <オニキス/無彩色の縞めのう>Sedimentary
schorl <鉄電気石>Metamorphic, Sedimentary, Granite
blue jade <青色のひすい>Alluvial
lace agate <レース模様のめのう>Sedimentary
lapis lazuli <ラピスラズリ>Igneous intrusive, Marble
chrysocolla <珪孔雀石>水色Malachite
turquoise <ターコイズ/トルコ石>水色Igneous extrusive, Kaolinite, Granite
aventurine <砂金石>Sedimentary
moss agate <苔色のめのう>Sedimentary
moss opal <苔色の蛋白石>10×All stone
prase <緑石英>All stone
prase opal <緑色の蛋白石>10×All stone
variscite <ヴァリッシャー石>Bauxite
chrysoprase <緑玉髄>黄緑Sedimentary
citrine <黄水晶>All stone
gold opal <金色の蛋白石>10×All stone
pyrite <黄鉄鉱>All stone
resin opal <樹脂光沢の蛋白石>10×All stone
sunstone <日長石>Basalt, Gneiss
tiger iron <鉄の多い虎目石>Sedimentary
tigereye <虎目石>Sedimentary
yellow jasper <黄色い碧玉>Sedimentary
amber opal <琥珀色の蛋白石>10×All stone
brown jasper <茶色い碧玉>Sedimentary
fire agate <火炎状の遊色のめのう>Sedimentary
picture jasper <風景画状の碧玉>Sedimentary
plume agate <羽毛状の混入物入りめのう>Sedimentary
smoky quartz <煙水晶>All stone
tube agate <筒状のめのう>Sedimentary
wax opal <油脂光沢の蛋白石>10×All stone
wood opal <木に仮晶した蛋白石>10×All stone
banded agate <縞めのう>深紅Sedimentary
bloodstone <血石>深紅Sedimentary
carnelian <紅玉髄>深紅Sedimentary
sard <橙色の玉髄>深紅Sedimentary
sardonyx <紅縞めのう>深紅Sedimentary
cherry opal <橙/赤色の蛋白石>*210×All stone
rose quartz <薔薇水晶>All stone
lavendar jade <ラベンダー色のひすい>Alluvial
pink jade <桃色のひすい>Alluvial
bone opal <骨に仮晶した蛋白石>10×All stone
clear tourmaline <透明な電気石>10×Metamorphic, Sedimentary, Granite
dendritic agate <樹枝状のめのう>Sedimentary
fortification agate <砦の鳥瞰図状のめのう>*3Sedimentary
gray chalcedony <灰色の玉髄>Sedimentary
jasper opal <蛋白石と礫岩化した碧玉>10×All stone
milk opal <乳白色の蛋白石>10×All stone
milk quartz <乳水晶>All stone
moonstone <月長石>Metamorphic
onyx opal <縞のあるオニキス状の蛋白石>10×All stone
pineapple opal <イカ石仮晶の蛋白石>10×All stone
pipe opal <パイプ状の蛋白石>10×All stone
shell opal <貝殻に仮晶した蛋白石>10×All stone
rock crystal <水晶>All stone
white chalcedony <白玉髄>Sedimentary
white jade <白いひすい>Alluvial

Semi-Precious<準貴石>

宝石名ValueColorそれを含んでいる石
black opal <黒い蛋白石>30×All stone
black pyrope <黒い苦礬柘榴石>20×Metamorphic, Kimberlite
black zircon <黒い風信子石>20×All Igneous, Metamorphic
melanite <黒い灰鉄柘榴石>15×Marble
blue garnet <青い柘榴石>30×Metamorphic, Granite
indigo tourmaline <藍色の電気石>25×Metamorphic, Sedimentary, Granite
claro opal <透明有色の貴蛋白石>20×All stone
aquamarine <アクアマリン/青色の緑柱石>20×水色Granite, Schist, Marble
demantoid <緑色の灰鉄柘榴石>30×Chromite
green tourmaline <緑色の電気石>20×Metamorphic, Sedimentary, Granite
green zircon <緑色の風信子石>20×All Igneous, Metamorphic
tsavorite <ツァボライト/緑色の灰礬柘榴石>30×Marble
chrysoberyl <金緑玉>20×黄緑Granite, Schist, Marble
green jade <緑色のヒスイ>20×黄緑Alluvial
heliodor <ヘリオドール/黄色い緑柱石>20×黄緑Granite, Schist, Marble
peridot <カンラン石>20×黄緑Gabbro
golden beryl <金色の緑柱石>20×Granite, Schist, Marble
levin opal <電光模様の貴蛋白石>20×All stone
rubicelle <貴尖晶石>20×Metamorphic, Diorite, Gabbro
topaz <トパーズ/黄玉>20×Granite
topazolite <黄色い灰鉄柘榴石>20×Marble
yellow grossular <黄色い灰礬柘榴石>20×Marble
yellow spessartine <黄色い満礬柘榴石>20×Metamorphic, Granite
yellow zircon <黄色の風信子石>20×All Igneous, Metamorphic
brown zircon <茶色の風信子石>20×All Igneous, Metamorphic
cinnamon grossular <肉桂色の灰礬柘榴石>20×Marble
honey yellow beryl <蜂蜜色の緑柱石>20×Granite, Schist, Marble
jelly opal <薄青の透明な蛋白石>15×All stone
almandine <鉄礬柘榴石>20×深紅Metamorphic, Diorite, Gabbro
red grossular <赤い灰礬柘榴石>20×深紅Marble
red pyrope <赤い苦礬柘榴石>20×深紅Metamorphic, Kimberlite
red spinel <赤い尖晶石>20×深紅Metamorphic, Diorite, Gabbro
red tourmaline <赤い電気石>15×深紅Metamorphic, Sedimentary, Granite
red zircon <赤い風信子石>20×深紅All Igneous, Metamorphic
fire opal <赤い蛋白石>15×All stone
pink tourmaline <桃色の電気石>15×Metamorphic, Sedimentary, Granite
precious fire opal <赤色の貴蛋白石>20×All stone
red beryl <赤い緑柱石>20×Granite, Schist, Marble
red flash opal <遊色の広い赤色の蛋白石>20×All stone
purple spinel <紫色の尖晶石>20×Metamorphic, Diorite, Gabbro
rhodolite <ロードライト>20×Metamorphic, Kimberlite
alexandrite <アレキサンドライト>20×Granite, Schist, Marble
amethyst <紫水晶>20×All stone
kunzite <クンツァイト/貴リチア輝石>20×Granite
morganite <モルガナイト/桃色の緑柱石>20×Granite, Schist, Marble
pink garnet <桃色の柘榴石>20×Metamorphic, Granite
tanzanite <タンザナイト/含バナジウムゆうれん石>20×Gabbro
violet spessartine <菫色の満礬柘榴石>20×Metamorphic, Granite
bandfire opal <広い帯状の遊色の貴蛋白石>20×All stone
cat's eye <猫目石>20×Granite, Schist, Marble
clear garnet <透明な柘榴石>20×Metamorphic, Granite
clear zircon <透明な風信子石>25×All Igneous, Metamorphic
crystal opal <透明な蛋白石>20×All stone
goshenite <透明な緑柱石>20×Granite, Schist, Marble
harlequin opal <遊色粒の揃った貴蛋白石>20×All stone
light yellow diamond <薄黄色ダイヤモンド>30×Kimberlite
pinfire opal <針状の遊色の貴蛋白石>20×All stone
white opal <白い蛋白石>20×All stone

Precious<貴石>

宝石名ValueColorそれを含んでいる石
faint yellow diamond <ほのかな黄色のダイヤモンド>40×Kimberlite
emerald <エメラルド>40×Granite, Schist, Marble
ruby <ルビー>40×深紅Bauxite
sapphire <サファイア>40×Bauxite

Rare<レア宝石>

宝石名ValueColorそれを含んでいる石
clear diamond <透明ダイヤ>60×Faint yellow diamond
yellow diamond <黄色ダイヤ>60×Faint yellow diamond
green diamond <緑ダイヤ>60×Faint yellow diamond
red diamond <赤ダイヤ>60×深紅Faint yellow diamond
black diamond <黒ダイヤ>60×Faint yellow diamond
blue diamond <青ダイヤ>60×Faint yellow diamond
star ruby <スタールビー>60×Ruby
star sapphire <スターサファイア>60×Sapphire

*1 Daciteは、旧バージョン(0.28.181.40d以前)ではFelsite<珪長石>と呼ばれていた
*2 アメリカンチェリー色というわけでもないらしい。詳細はhttp://www.minerals.net/mineral/silicate/tecto/quartz/images/opal/opalvary.htm
*3 盆地の等高線状といったほうがわかりやすいかも。こんなかんじ

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-08-29 (月) 16:52:09 (2487d)