英語wikiの記事 DF2014:Caveの翻訳です。

作成時のVersion   
最終更新Version0.40.24

Cave(洞窟)

Cave(洞窟)は山岳地域でないタイル内、またはその隣接タイルに自然形成される、48x48マスの広さをもつSite(用地、敷地)です。
洞窟は複数のzレベルにまたがる岩の丘を特徴とし、この丘の中腹から地下への通路が開いています。
洞窟にはたいがい、地下空洞につながる長い通路があります(が、常にあるとは限りません)。
また、ごくまれにですが、丘の中腹にこの通路への入り口が開いていないことがあります。

世界生成の際、Dwarf FortressモードのEmbark画面に洞窟を表示するかどうか設定することができます。
デフォルトでは"Make Caves Visible"(洞窟の表示)オプションは"No"に設定されています。
"Yes"と設定すればマップ上にのシンボルで表示され、必要に応じて避けたり探したりできるようになります。

洞窟には奇妙な性質があります。洞窟を構成する石が、掘ったあと残る材質と一致しないのです。
例を挙げると、石を掘ったあと粘土の床が残る、といった具合です。

獣の住む洞窟

洞窟は名付きの生物やettinなどのsemi-megabeastの家となっていることがあります。
付近のSiteから金品を好んで盗む生物が生息している場合、彼らの蓄えが地面に散乱しています。
略奪の範囲は48x48site(訳注:マップ上のタイルで48x48の意か)で、高度の上限・下限は歩いていける所までです。
(斜面なしの崖や水浸しの通路を超えたところにある財宝は手つかずです。たとえ巣の主が飛行生物でも。)
Dragonは宝石を、ettinやgiantは宝石・食品・酒をため込むことが知られています。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-12 (木) 21:43:54 (1222d)