Top / Minecart

翻訳/Minecart

Top / 翻訳 / Minecart

minecart - マインカート, トロッコ

Minecart イメージ

zoom

MinecartHauling? (運搬) を目的とした Tool? です。
v0.34.08 で追加されました。

Carpenter's workshopWood? 製で製作できるほか、 Metalsmith's forgeMetal 製のものも作れます。 (後者は要 Metalcrafting? Labor)

Minecart は Wheelbarrow? の5倍の積載量があり、Dwarf が手作業で運搬するよりもずっと早くものを運ぶことができます。
しかしそのコストも相応となっており、専用の路線網を必要とし、複雑なルート設計を行わなければならず、 線路上に Dwarf がうっかり立ち入ってしまう危険性があります。(Losing is fun!)

Minecart の Track (線路) はすでにある Stone をそのまま Carve Track で彫って設置できるほか、Construction? として新たに組み立て設置することもできます。
後者の方法だと地上にも線路を敷くことができますが、材料となる素材が必要になる分、設置コストも上がることになります。

Wheelbarrow? と同様、Minecart は Item? とみなされ、 Furniture stockpile に保管されます。

Minecart は Wheelbarrow の 5 倍の積載量があるにも関わらず、そのサイズは 33 % 大きい程度であり、同じ 素材? から製作した、同じ Item quality? の場合はどちらも同じ Item value? となります。

Thief? や有害な野生生物は、Track 上を移動中であったとしても Minecart を盗む場合があります。(参照: The "How Does Minecart" Thread) しかし Minecart が十分な速度で走行しているか、Dwarf が乗っている場合には盗まれることがありません。

Minecart が有用となるのはほとんど Fortress mode の場合ですが、Adventurer mode でも Minecart に乗ることが可能で、Minecart を拾って再配置することもできます。

Minecart の発明は論理回路システムの小型化, 高速化を可能にし、 The Science of Dwarfputing (ドワーフ計算科学)? に革命をもたらしました。

目次

基礎的な使用方法

Minecart は ドワーフ, 液体?, 大量のアイテムなどを迅速に運搬するために活用できますが、実用的な Minecart のためにはいくつか前準備が必要となります。

何よりもまず始めに、Minecart 自体を Carpenter's workshopMetalsmith's forge で製作しておく必要があります。

Minecart を動かすには Track を彫る ([d]-[T]) か、製作済みの Track を設置 ([b]-[C]-[T]) しておくことも必要です。ひとまずは直線のようなシンプルなもので良いでしょう。

あとは Track 上で Minecart が発車する場所と停止する場所に Track stop ([b]-[C]-[S])が設置されていれば準備は完了です。

Track stop を設置し、Track に Minecart を割り当てたら、複数の Track stop を繋ぐルートを作り、それぞれの Track stop で Minecart が発車する条件を設定します。
これは [h]auling のキーで設定します。

最も基本となる条件は いつ移動を開始するのか、それと 移動する方向 です。

Minecart は Push (Track stop に立ってカートをひと押する) したり Guide (カートに付き添い Track に沿って押して運ぶ) したりして発車させられます。

Hauling? を行う Labor がこの Push や Guide の方法で運搬するには Push/Haul Vehicles を担当している必要があり、デフォルトでは全員有効になっています。

どんなアイテムを運搬するか、これを指定する条件を追加できます。

  1. どの種類のアイテムを積み込み/積み降ろしするか
  2. アイテムをどの Stockpile から積み込み、どの Stockpile に積み降ろし するか

積載量と重量

Minecart は Wheelbarrow? の 5 倍の積載量があります。

カートあたりの積載量例

アイテム
Stone5
Log?10
Block?/Bar?83
Prepared meals500
Spiked balls500
Mace625
Spears1250
Cloth?2500

荷物を積み込んだ Minecart の重量は Push による発車や Roller による加速の初速に影響を与えません。
ただし Pressure plate?*1 が作動するかどうかに対しては、プレート側の設定に応じた影響があります。

異なるカートの重量比較

カート素材種別空車時最大積載時
oaken minecart28Γ378Γ
(10 oak logs)
platinum minecart856Γ10482Γ
(83 gold bars)

Minecart はその素材の 密度 の 1/25 を Γ (urists) としたものがその重量となります。

Pressure plate をどのくらいの重量で作動させるかは 50 Γ 刻みで設定できるため、 50 の倍数をちょうどぎりぎり下回る重量の Minecart であれば Minecart が full なのか empty なのかでスイッチを切り替えるのに適していると言えます。

full/empty スイッチ用に最適な Minecart の素材は次の通りです。

素材カート重量作動に必要な
貨物重量
作動に必要な
Banana roast 数
(参考用)
Glumprong?4824
Electrum?59647
Nickel silver?34647
Brass?342814
Bismuth? (moods only)391915
Fine pewter?291915
Lay pewter?291915
Tin?291915
Trifle pewter?291915

Track の作成

Track - 線路

Minecart の Track は切れ目なく配置された Track, Track ramp, Bridge タイルで構成されます。

Track と Track ramp は、それぞれ単一または複数の方向を持つタイルです。 そのタイル上の Minecart はこの方向によって進行方向が決まります。

例えば NE (northeast) の Track タイル上の Minecart は、今カートがある位置から へ向かって進めます。 したがってもしここで「まず へまっすぐ進んだあと同じ線路を使って 西 へ戻る」ようにしたいなら、 EW の Track を使う必要があります。

環状線路や往復線路など、たいていの使用ケースでは Track が端から端へと正しく接続されている必要があります。意図的に脱線させたり Ramp でカートが線路を「ジャンプする」ような設計の場合はこの限りではありません。

EW Track で構成された 東西 の線路内に 方向のみの E Track を含めてしまった場合、この Track 上を通過するときに東以外へ進行しようとした時点で失敗する原因となります。

Track の設置は Carve で彫って設置するか、 Construct 方式で組み立てて設置する 2 通りの方法があります。 Carve 方式と Construct 方式、どちらかの方法だけで線路を構成する必要はなく、必要に応じて同時に組み合わせて使用しても問題ありません。

Track を設置するこの 2 通りの方法にはわずかに違いがあり、これを次で説明します。

Track の基本

Carve 方式の Track

1 タイル幅の天然の stone を Carve ([d]-[T]) で掘り出して、双方向に移動可能な直線の Track を掘ることができます。

曲がり角, 交差点, T字路を作るには、単純に既存の Track や新たに設置を指定している Track に重ねるように指定します。

Carve 方式の Track は Smoothing? することで削除できます。このとき smooth floor が残ります。必要であればこの smooth floor を再び Carve することもできます。 もしくは上に Floor を建築しても削除できます。

曲がり角の Track は 1 つのタイルに 2 回 Carve Track を指示し、 [d] - [x] で不要な Carve 作業をキャンセルして作ります。

Carve 方式の Track は天然の Floor タイルであればなんでも施工可能で、Rough や Smooth を問いません。これは "Engrave Stone" で施した彫刻があっても同様なので、低品質な彫刻や不要な彫刻を削除したい場合にも手軽な方法です。

Carve 方式で Track を彫り込んだあとは、個々のタイルでその方向が適切かどうか、ミスがないかどうかに注意し、よく確認しておくことが重要です。

Construct 方式の Track

Track は通常の Construction? として建築することもできます。([b]-[C]-[T])

この方法は建築するために個々のタイルで Stone, Bar?, Block? のいずれか 1 つを材料とする必要があるためにリソースのコストは高くなり、さらに一度に 10 タイルより多く設置を指示することができないために時間がかかってしまいます。

曲がり角, 交差点, T字路, Ramp の Track もそれぞれ個別に設置指示を行う必要があり、 Carve 方式と違って設置後に追加で変更することはできません。

しかし、地表や Soil 上に Track を設置することができるのは通常こちらの方法のみです。(Obsidian を生成? しない限り)

Construct 方式で設置した Track の削除は、通常の Construction? と同様に行います。

普通の Ramp? の上に Construct 方式で設置した Track ramp を撤去した場合、もともとあった Ramp も削除され、平らな Floor が残るため、注意してください。

Track ramp

Ramp - 傾斜, 坂

Carve 方式の Track ramp

天然の Ramp に Carve を施して Track ramp を設置するのはやや混乱を招くかもしれません。

Carve 方式で Track ramp が設置できるのは天然の Ramp のみで、 Construct した Ramp *2 に対してはできません。

双方向に移動可能な Track を天然の Ramp 上に Carve 方式で設置するには、 Ramp 上から開始してひとつ先のタイルへ と続くように Track 設置を指示します。

Ramp が上りになってほしい方向側には、天然の Wall か Construct した Wall が隣接している必要があります。 もしそうでない場合は、同じ階層に Track を設置する指示とみなされます。 この場合 Door? やその他のものの真下に通常の Track が彫り込まれてしまう可能性があります。 もしうっかりこのような設置ミスをしてしまったときは、いったんそのタイルを Smoothing? し、 隣接した Wall? を新たに Construct します。そして改めて Track ramp の Carve を指示し直します。
この Wall を撤去してしまうと Track が途切れてしまうため、その後も Wall をそのままにしておく必要があります。

Construct 方式の Track ramp

Construct 方式の Track ramp を設置する場合、Track を接続する方向に合わせて設置時に方向をあらかじめ指示する必要があります。

西から登って東に向かう Track の設置を例として説明します。
登る前の階層の Track 区間では西から順に次のような設置が必要です。

  1. Track (EW)
  2. Track/Ramp (EW)
  3. Wall?

Ramp を設置する場所が適切でなければ Minecart は Ramp を無視して走行し、Ramp を支えている Wall に衝突してしまいます。

しかし、仮に支えとなる Wall がないために Ramp が正しく使えない状態であったとしても、そのことを示すような表示はありません。

Ramp の例

シンプルな Ramp は次のようになります。

z +0    z +1

####    ####
=▲O    #▼=
####    ####

O : Wall
# : Wall
= : Track (EW)
▲: Track/Ramp (EW)
▼: Track/Ramp (EW)

補足: z +1 は「1階層上」を表す

曲がり角を含んだ Track ramp を Carve で設置するのは、直感的とは言えず複雑です。

Carve 方式で Track を設置する場合は常に 2 タイルを直線で繋ぐように指示する必要があるため、 Ramp タイルから下方向に「降りる」 Track と、上方向に「登る」Trackの、2 つの離れたタイルへの指示を単一のジョブとして指定する必要があります。

例として、次の図のように Ramp 上で西から北へ*3 と方向転換したい場合、z +0 の階層にある Ramp と、同階層の Ramp 西側のタイル, 北側のタイルを接続するように "Carve Track" を 2 回指示します。

z +0     z +1

#####    #####
#####    ==┓#
==▲#    ##▼#
#####    #####

一方の指示では Ramp と西側に隣接したタイルを選択、
もう一方の指示では Ramp と北側に隣接した Wall を選択します。

そうすると Engraver は Ramp に Track/Ramp (NW) を作成し、カートは正しく方向転換し、上下間の階層を行き来できるようになります。 こういった Track の曲がり角は、カートを Guide で運ぶ場合には非の打ち所がないほど実用的なものの、 PushRide で移動するカートが Ramp を降りる場合には問題があります。

曲がり角を含む Ramp はかなり反直感的な働き方をしていて、下りの場合には減速してしまい、上りの場合には斜め移動をしてしまいます。*4

Ramp 通過時にはかなりの速度変更が発生し、Ramp を出入りするときの速度の値とは無関係に一定の速度でタイル上を移動する現象を引き起こします。 これは Ramp を通過する処理は別途で行われるためで、しかもこの処理は "スキップ" されません。 これにより、例えば Ramp を使った 2x2 のらせん状線路のような、 コンパクトな Track/Ramp の組み合わせに最も影響を及ぼし、 狭い空間内の壁に跳ね返って行ったり来たりしてしまい、 期待通りに線路上を走ってくれない状態になります。(参照)

Hauling route

Hauling route - 運搬ルート

Hauling route は、Minecart の道順のリストで、それぞれ移動方法と条件を指定します。
適切なルート設定は、路線を稼働させるにあたって必要不可欠なものとなっています。
ルート, 停止位置, 発車条件, Stockpile の link を [h]auling menu から管理します。

Route

Route は Minecart が Track 沿いに進む道順を定義するもので、どういった条件下で移動を開始/停止するかの指定も含みます。ひとつの Route は複数の Stop の設定で構成されます。Stop はその名のとおり、 Minecart を停車させたい Track 上の位置のことです。

Minecart の Track はループ状の路線に単一の Stop のみを配置して利用しても問題ありません。Stop は発車と停車、両方を行う地点として働きます。ひとつだけでなく複数の Stop を配置することもできます。

Stop では目的地に到達する前や発車地点に戻る途中などに、荷物を積み込んだり、 Bridge が手動で下げられるのを待ったりします。

重要なポイントとして、カートを停車させて何らかのアクションが起こるのを待つ必要のある場所だけに Stop を配置すれば良いということを覚えておきましょう。

Track 上のどの位置に停車するかを指定するほかには、線路に沿ってカートが進むよう舵取りをしたりする必要はありません。

  • [h]auling キーで新しい Route の追加
  • [x] で既存の Route を削除
    • 削除時に確認はされないので注意
  • [n]ickname でルートに名前を付ける
  • 稼働させる前には Route に [v]ehicle (車両) を割り当てる
    • Route と Stop のどちらを選択しても同じように割り当てられる

荷物を積み込んだままの Minecart を割り当てると、 その重さのために Minecart 自体を Route に運搬して設置するのがとても遅くなります。

Stop

Stop は Hauling route を構成する個別のウェイポイント (中間地点) で、 タイルの 位置情報 と、そこに停車したあとにカートが いつ/どこへ/どのように移動すれば良いか という 条件指定 を持ちます。

Stop の追加は [h]auling menu 内から行います。

  1. [h]auling menu を開く
  2. Stop を追加したい Route がハイライトするように [-] [+] [/] [*] で Route を Select する
  3. 新しく停車位置に指定したい場所へカーソルを移動
  4. [s] New stop で追加する

Minecart は先に作成した Stop をその Route の発車位置として、後続の Stop を経由するようになります。

個々の Stop に設定できる条件のひとつとして、Stop からの移動方法を Guide, Push, Ride のいずれかから指定できます。

Minecart のシンプルな利用ケースの多くでは、発車位置にひとつだけ Stop を配置するだけで済ませることがほとんどですが、そうでないケースもあります。

重要な点として、仮に Track が敷かれていなかったとしても、Route 上の Stop への停車指示は必ず実行されることに注意してください。Route にある Stop 間で Track が途切れていた場合、Dwarf はカートをひきずって移動させます。

Stop の配置が完了した時点では Stop にデフォルトの条件が設定されている状態になっています。 これは Track がどう敷かれているかに関わらず一律で、北方向に Guide で移動させる設定になっています。このため初期設定による進行方向が Track の向きに対して不適切な場合に  !  のような黄色いエクスクラメーションマークがついているときもあります。

Stop を追加する際に Stop 間を結ぶパスが表示されますが、実際に Minecart が走行する道筋を示しているわけではないことに注意してください。例えば 2 つの Stop を通る Route 上の Track に曲がり角がいくつあったとしても、Stop を通過する順に最短距離を描くパスとして表示されます。 このガイドパスが Track の軌跡と全く一致していない場合もありますが、Track の端から端まで適切に接続されている限り、カートは Track に沿ってきちんと次の Stop に向かいます。

Route を構成する Stop は Track stop と混同しないよう気をつけてください。 Track stop についてはのちほど説明します。

Stockpile link

各 Stop に対して Stockpile link を設定できます。

  1. [h]auling menu を開く
  2. link を設定したい Stop を [-] [+] [/] [*] で Select
  3. [Enter] Define stop を開く
  4. link 対象の Stockpile の上にカーソルを移動する
  5. [s] New stockpile link で link を設定する
    • 再定義するには別の Stockpile にカーソルを移動、 [p]

これでカートには他のアイテムより link された Stockpile にあるアイテムを優先して積み込むようになります。

Stop に link された Stokpile で Bin? を扱うには注意が必要です。 Stop に設定可能な条件のうち Desired Items の積み込みアイテム対象リストを使う場合に Bin の使用には問題があります。 例えばある Stop の Desired Items に Granite? block? だけを選択してそれのみを積み込むようにし、 カートの容量 100% まで積んだら北へ出発する設定にしていた場合、 Bin に入っている Granite block は一切積み込み早いまであるされないため、 いつまでたっても出発しないということが起こります。 これは仮に Bin を Desired Items のリストに入れていたとしても解決しません。

v0.40.24 ではこの問題の解決方法が 2 つあります。

  • link 対象の Stockpile 側の設定で Bin の使用を許可しないようにする
  • Stop の発車条件を Desired Items ではなく Any Items に設定する
    • このオプションは Stop の条件を選択して [C]: Advanced を開き [l] Desired/Total で切り替えできる

カートに乗せる貨物は link した Stockpile 側の設定でアイテムの種類を指定することでも管理できます。

Departure condition

発車条件

それぞれの発車条件は以下の条件を含みます。

  • 移動方法
    • Guide, Ride, Push いずれか
  • 発車する初期進行方向
    • North, South, East, West いずれか
    • その Stop から最初に進むべきタイルのある方向を指定するもので、次の目的地の方角を考慮する必要はない
  • タイマー
  • カートへ積み込むアイテムの量

発車条件は [n] (New depart condition) で作成します。 作成直後にデフォルトで追加される発車条件は以下の 3 つの条件です。*5

  • Guide north immediately when full of desired items
    • (Desired items がカート容量の最大まで積み込みを完了したらすぐに北へ Guide で移動する)
  • Guide north in 14 days when at least 50% of desired items
    • (14日経過後に Desired items が少なくともカート容量の 50% まで積み込みを完了していたら 北へ Guide で移動する)
  • Guide north in 28 days always
    • (28日経過後は常に 北へ Guide で移動する)

条件は [c]ondition で基本のプリセットを切り替えて変更できます。 [C]Advanced mode に切り替え、以下のようにさらに細かく条件を指定できます。

[f] / [F]: %
貨物量を 0 - 100 % の範囲内で 25 % 刻みで微調整する
[m]: More/Less
指定した貨物量の値を at most*6at least*7 のどちらの条件として扱うのか切り替える
[l]: Desired/Total
カートに積み込むべきアイテムを anydesired いずれかに切り替える
[p]: Push/Ride/Guide
移動方法を Guide, Push, Ride のいずれかに切り替える
[d]: Dir
初期進行方向を north, south, east, west のいずれかに切り替える
[t] / [T]: Timer
タイマーの値を immediately か、または 指定した日数 に調整する*8

指定したアイテムだけをカートに積み込むようにするには 2 通りのやり方があります。

  1. Stop 側の設定で積み込むアイテムを限定する方法
    • Stop の設定画面で [Enter] (Set desired items) を押す
    • 積み込み対象にしたいアイテムの種類を選択する
  2. link する Stockpile 側の設定で積み込むアイテムを限定する方法
    • link している Stockpile 側の設定を開いてその Stockpile に保管するアイテムを選択する
    • Stop 側の設定では any items を積み込むようにしておく
      • 補足: Stop 側も desired items、 Stockpile 側もアイテムを限定する設定だと二重にアイテムを限定することになり、あまり管理性が良くなさそうです

Track stop

Track stop を Hauling route 設定の Stop と混同しないように気をつけてください。

Track stop を簡単に説明すると以下の通りです。

  • Minecart 利用に必ずしも必要ではなく任意で使用する
  • 1 タイル幅の Construction?
  • 2 つの役割がある
    • カートの減速と停止
      • Track stop 通過時にカートの推進力を相殺して、減速 または 停止 させる
      • Track ramp 通過時に脱線してしまう場合などに必要となる場合がある
    • 荷下ろしの自動化
      • Track stop 通過時か到達時に、乗せている貨物を自動的に降ろす

Track stop は [b]- [C] - [S] で設置し、設置する場所は既存の Track に繋がっている必要があります。

追記: 以降で説明する Track stop の設定は、設置時にしか指定できません。DFHack の Track stop menu が有効になっている場合は、設置後にも変更できるようになります。

Dump on arrival

到着時に貨物を降ろす

Track stop の設定で Dump on arrivalNo 以外の North, South, East, West いずれかに設定されている場合、その Track stop を追加するときに指定された方角に貨物を自動的に降ろします。

Friction

抵抗値

Friction の設定値に応じて、カートを停止させたり、貨物を降ろしつつそのまま次の目的地に向けて走行を継続させたりすることができます。

補足: Lowest, Low, Medium, High, Highest から選択できます。

Track stop による効率改善

Track stop の利用は、必ずしも必要ではありません。 活用する場合、路線網の自動化がその主な目的となります。 とはいえ、ごく簡易的な路線であっても Track stop の自動で貨物を降ろす機能は十分便利なもので、Dwarf が手作業でカートから貨物を降ろすよりかなり時間を節約できます。さらにこの結果としてカートが元の位置に戻ってくるまでにかかる時間も短縮されます。

Track stop の注意点

荷下ろしは Guide で移動したカートでも行われます。

貨物を積み込みたい場所にある Track stop で dump する設定にしないよう注意してください。 貨物の積み込みが一切行われなくなります。 貨物が積み込んだ時点ですぐに荷下ろしされてしまいます。

[b]uilding - [C]onstruction - Track [S]top から設置するにも関わらず、 Track stop は Building とみなされます。このため撤去する場合は [q]-[x] で行います。

Track stop についてより詳しくは Track stop 詳細 の項目を参照してください。

チュートリアル

シンプルな Minecart の路線を作ってみましょう。
このルートは Stone block? を積み込み用 Stockpile から積み降ろし用の Stockpile へと運ぶものです。

まず Stockpile の作成から始めます。

Minecart-example-1.png

積み込み用の Stockpile を左側に設置します。
積み降ろし用は右側です。(補足: 右側に小さく1タイルサイズのものが設置されています。)
Block を左から右へと運ぶようにします。

以降、積み込み用の Stockpile は Input stockpile、積み降ろし用は Output stockpile と表記します。

次に Track を Carve 方式で設置します。(補足: [d]-[T]。Carve 方式は Stone の床である必要がある。)

Minecart-example-2.png

Track を敷く指示をした時点で Track の端の見た目が自動的に変わりますが、これは特に気にする必要はありません。

Engraver を担当している Dwarf がやってきて施工が完了するのを待ちます。これを待つ間に Input stockpile にアイテムも運び込まれると思います。

待ち時間の間に加えて Iron? 製 Minecart を Metalsmith's forge で製作しておきましょう。

Minecart-example-3.png

Track の Carve が完了したら、上の画像のように見えるはずです。施工完了した Track は点滅しなくなります。
そうしたら Output stockpile のすぐ隣に Track stop を設置します。
(補足: [b]-[C]-[S] で設置。Track の上に重ねて Track stop を設置できる。)

Minecart-example-4.png Minecart-example-5.png

Track stop の東側 Output stockpile 内に Block を降ろしたいので、Track stop 建設時の設定で [d] を 3 回押し、Dump on arrival の方角を East に変更します。
そうしたら Mechanic が来て Track stop を組み立てるのを待ちます。

Minecart-example-6.png

次は実際の Route を定義します。

  • [h]auling menu を開く
  • [r] で新規 Route を作成してルート定義を開始する
  • カーソルを Input 側の Track 先端に合わせ、 [s] で最初の Stop を設定する

Minecart-example-7.png Minecart-example-8.png

  • カーソルを Output 側 Track 先端に移動し、 [s] で 2 つ目の Stop を設定する

Minecart-example-9.png Minecart-example-10.png

Minecart-example-11.png

これで Stop の位置は設定されましたが、まだ完了したわけではありません。
それぞれの Stop の横に警告マーク  !  が表示されているはずです。
この警告の意味が右下隅に表示されていて  Set dir/connect track  (方角が間違っているか Track が正しく接続されていない) という内容です。

また 2 番目に作った Stop 2 は白でハイライトされ、 Stop 1 と Route 名はグレーで表示されているはずです。 これは現在選択されている状態にあるのが Stop 2 であるという意味で、 [+]/[-] キーで選択を移動できます。

次に各 Stop で何をするのか設定します。
今回は最初の Stop 1 でカートに Block を積み込み、次に 2 番目に作った Stop 2 に移動、そこで貨物を降ろして再び戻ってきて欲しいので、そういった設定にします。

[-] を押して Stop 1 を選択して [Enter] で設定を開きます。 デフォルトでは Stop に次のような 3 つの条件が設定されています。

Minecart-example-12.png

デフォルト設定は今回は [x] を 3 回押して、全て削除してしまいましょう。
これで何の条件も設定されていないブランクの Stop になりました。
実際に必要な条件を追加していきます。

  • [n] を押して最初の新しい条件を追加する
  • [d] を 2 回押して方角を north から east に変更する
  • [c] で条件の内容を empty から full に変更する

これで desired items を カートの容量いっぱいまで積み込んだ時点で、カートを Guide して東に移動させるようになります。

desired items を設定するには、Stockpile link を設定します。

  • [s] を押す
  • カーソルを Input stockpile に移動して [p] を押す
  • [Enter] を押して desired items の選択画面を開く
  • Bars/Blocks まで移動して [e]nable にする
    • (必要に応じて) Stone block だけに制限する
    • ほぼ Stockpile をカスタムする画面と同じ見た目と操作

これらの設定が完了したら、 Stop 1 は次のような見た目になっているはずです。

Minecart-example-13.png

Stop 2 の設定はもっと単純で、Minecart が Input 側の Stop に戻るようにするだけです。
条件と方角を次のように変更します。

Minecart-example-14.png

さてようやく Minecart を Route に割り当てます。
Route 設定画面まで戻り [v] を押して Minecart を選択後 [Enter] です。

これで全ての設定が完了しました。

Minecart-example-15.png

 V  はまだ Track 上に Minecart を運んで設置していない状態なので赤く表示されています。
Dwarf のひとりが Minecart を手作業で運んでくる必要があり、これにはしばらくかかります。

Minecart が運ばれてきて Track 上への設置も完了したら、 Dwarf たちは Input stockpile から Block をとってカートに積み込み始めます。Minecart の容量が full になると積み込まれた Block は右側に配置した 1x1 の Stockpile に降ろされます。Automatic quantum dumping!

トラブルシューティング

Minecart の仕組みはその複雑さゆえに、慣れているユーザーでなければ何かしらの落とし穴に遭遇しがちです。
ほとんどの問題は [h]auling menu から原因を特定して解決できます。

症状:  ! Set dir/connect track  のメッセージが 1 つ以上の Stop 右側に表示される

可能性のある原因:

  • Stop 間の適切な道筋がみつからない
    • 基本的なこととして、カートがレールに沿って次の Stop に到達できる適切な道筋があるかどうか、カートを Guide するときにカートをひきずって運ぶことなく目的地までたどり着く経路を Dwarf が見つけられるかどうかのチェックが内部的に行われます。この警告は Guide して移動するカートの適切な道筋がみつからない場合に表示されます。
    • カートの道筋が、例えば意図的に縦穴に落下するような応用的な設計になっていて、走行自体は実際に十分可能なものであったとしてもこの黄色い警告メッセージは表示されます。
      • とはいえ念のために本当に問題がないのかダブルチェックしておいたほうが良いでしょう
  • Stop の発車方向が適切ではない
    • Stop 設定を [Enter] で開き、[d] を押して適切な方角に設定しなおします
  • Track stop が Track 上に設置されていない
    • この場合は一度 Track stop を解体 ([q]-[x]) して適切な位置に建て直します
  • Track が適切な組み合わせで接続されていない
    • 敷設した Track それぞれに一方通行のものが意図せず混じっていないか確認してください
    • これは特に Track ramp を使っているケースで陥りがちなトラブルです。双方向に走行可能な Track を天然の Ramp? 上に Carve で設置するには、走行可能にしたい方向に向かって Ramp と同時に 1 タイル分先のタイル まで含めて設置指示する必要があります。
    • Track ramp は 必ず 接続している Track の反対側に支えとなる壁が必要です。そうなっていない場合は正しく走行できない上、その Track ramp が正しく設置できていないことをわかりやすく示す表示もありません。この壁は天然のものでも Construct したものでも大丈夫です。
  • desired/kept items が正しく設定されていない

症状:  0% V  が常にひとつの Stop の右側に表示されている

可能性のある原因:

  • Stop に take from a stockpile の設定がされていない
    • Stop 設定を [Enter] で開き、 "Take from Stockpile #1" のように表示されるようにします
    • 補足: 設定方法は Stockpile link の項目を参照してください
  • desired items で設定したアイテム種別と Stockpile に置かれているアイテム種別が一致していない
    • 補足: Stockpile に保管するアイテムの設定と、Stop 側の desired items の設定が一致しているか確認してください
    • 補足: アイテムは Stockpile 側だけで種類を絞り、 Stop 側では any items を受け入れる設定にすることで二重管理を回避できます。Departure condition の項目を確認してみてください。
  • 積み込みを行いたい場所にある Track stop で dump する設定にしてしまっている
    • Track stop 設定で dump する方角が指定されている場合、その Stop では貨物がカートを満たすことはありません
    • この場合 Stop にタイマー付きで発車する条件を新たに指定するか、 Track stop を解体して Dump on arrival: no の設定で作り直します。
    • DFHack の Track stop menu が有効になっている場合は、Track stop 設置後にも [q] メニューから 設定を変更できるようになります。
  • 割り当てた Minecart 自体を破棄する dump 指示が与えられている
    • 指定範囲内のアイテムを一括で dump する操作 ([d]-[b]-[d]) をした場合などに起こりうる

症状: カートは問題なく貨物が積み込まれているのに一向に運ばれない

可能性のある原因:

  • 現在停車中の Stop の desired item として許可していないアイテムがカート内に含まれてしまっている
    • [k] で Minecart を Look して [Enter] でカートに積み込まれているアイテムを確認し、カート内のアイテムを全て desired items として受け入れるよう設定しなおしてください*9
  • desired items が入った Bin がカート内に含まれてしまっている
    • カートからは Bin に入った desired items の認識に問題があるようです。これは Bin を desired items として指定しても解決しません
    • 解決策1: カートに積み込みを行うための Stockpile では Bin の使用を禁止します
    • 解決策2: 発車条件で advanced condition menu を [C] で開き、desired items から any items を積み込むように設定し、カート積載容量のパーセンテージのみを発車条件とするようにします。Departure condition を参照してください。

症状: Dwarf がカートに繰り返し積み込みを試みるもののアイテムが何も積み込まれない

可能性のある原因:

  • Track stop 側の設定で dump を行う指定がされている
    • 積み込みを行う場所にある Track stop が自動で dump する設定が有効になっている場合に発生します。こういった Track stop のある場所で Dwarf がカートに貨物を積み込んだときは常に、自動 dump の指定によってすぐに荷下ろしされます。これはカートに貨物を積み込む必要がある限りは無限に継続します。
    • 解決策: この場合 Stop にタイマー付きで発車する条件を新たに指定するか、 Track stop を解体して Dump on arrival: no の設定で作り直します

症状: Dwarf がカートを拾って目的地まで引きずって運んでしまう

  • Quirks を参照してください

危険性

Minecart には 危険 Fun がつきものです。
敷設した Track は自動的に Traffic? designation が Low に設定されていますが、それでも Dwarf が Track 内に入り込んでしまうことがあり、家畜に至っては Traffic designation を完全に無視してしまいます。 不運な Dwarf や家畜が Minecart の dodge?*10 に失敗すると負傷してしまいます。

こういった危険のほとんどは [h]auling menu を開き、Push や Ride に代わって Guide で Minecart を移動させるようにすることで回避できます。
Guide する Dwarf は Traffic designation の制限を受けることなく、きちんと Track に沿って運んでくれます。
また家畜は全て Pasture に入れておくことで線路上に入ってしまうことを防げます。

Track を撤去した場合、Traffic designation の優先度は自動的に normal にリセットされないため、撤去後は手動で Traffic designation を normal に指定し直してやる必要があることに注意してください。
また Track として利用されている Bridge はごく普通の Bridge なので、当然 Traffic designation の優先度も自動で変更されず、 この場合これも手動で Traffic designation で通行制限を適切に設定する必要があります。
Minecart 周りの通行制限がきちんと設定されていなければ、Dwarf たちは要塞内に繋がった危険性の高い Minecart のエントランスも普通に通行しようとしてしまいます。

唯一 バカ Dwarf 侵入防止策となるのは、Track を侵入不可としてしまうことです。Minecart のみ通行可能にして Creature? の横断を許可しないような Track を作るにはいくつか方法があります。

  • Track 上に Statue を建設する
    • 最も手軽
  • 1 タイル分の縦穴を掘る
    • そこそこの速度があれば Minecart は溝をジャンプできる
  • 垂直な崖をつくる
  • Minecart 通過をトリガーとした Door? を設置する
  • 小さなプールを設置する
  • 敵対ユニットが Track 上を監視する状況を作る

安全のためには、 Dwarf がアクセスできるようにしておく必要のある Track の両端のみを分離し、それ以外の危険性の高い区間は完全に侵入不可能な設計にしてしまうのが良いでしょう。例えば路線のメンテナンス用には forbidden してロックした Door? を設置するなどします。

Minecart の危険なアクシデントは必ずしも生物だけを原因として発生するわけではなく、ルート設計に何らかの不備がある場合には、カートが Track から脱線したり、カート同士で衝突したりします。この場合、Item? がその場にばらばらに散らばってしまい、本来 Minecart を使って効率化したかったはずの手作業の運搬作業が発生します。
さらに 素晴らしい 悪いことに、散らばったアイテム、特に Weapon は、飛び散らかる途中で Dwarf やその他の Creature? を負傷させます。偉大なる Toady One の言葉によると「Dining room 内での偶発的な grapeshot (ブドウ弾*11) が可能になった」とのこと。

Minecart の危険性はプレイヤーの想像力次第で 兵器利用? が可能です。

応用と自動化

Minecart 特有の機能は Track stop, Roller, "Track" の条件が設定された Pressure plate? によって実現されています。 3 つとも全て Building としてみなされるため、同じタイル上や、 Ramp 上に設置することはできません。ただし Track stop + Pressure plate は同じタイルに配置可能です。

Track stop 詳細

Track stop は抵抗値を調整することで荷下ろしを自動化し、これによって Minecart システム のさらなる自動化を実現します。
Wood? log, Bar?, Block? いずれかを材料として [b]-[C]-[S] から建設します。

  • Friction (抵抗値)
  • dump (荷下ろし) 有効化/無効化, 有効化した場合は dump 方角の設定

これらは設置する 前に 設定する必要があり、設置後の変更はできません。
追記: DFHack の Track stop menu が有効になっている場合は、設置後にも変更できるようになります。

Track stop は Pressure plate?Lever と link 可能で、 friction と dump の On/Off を切り替えることができます。 状態の切り替えは反転のトグルのみで Switch On = Track stop Off です。

Track stop が dump する設定のタイル上に Stockpile が配置されている場合、Quantum stockpile (量子保管庫)? としての役割を果たし、カートから降ろされる Stockpile 設定にマッチしたアイテムはその 1 タイル上に蓄積されます。 Track stop は移動中のカートを扱う目的があるため、通常は既存の Track 上に建築しますが、Track なしに Automatic quantum stockpile? 作成のために利用することもできます。(Minecart チュートリアル も参照してください。) 複数の製造ラインに素材を分配して提供したい場合など、アイテムをなんでも全て 1 タイルの quantum stockpile に集めるほうが良いケースばかりではありません。 しかしこういったケースにおいても quantum stockpile とその他の Stockpile を link し、必要に応じて取ってこられるようにしておくことができます。quantum stockpile は通常の Stockpile と違って埋まってしまうことがないため、 Track stop の On/Off を切り替えるスイッチを追加すると便利なケースがあるかもしれません。
補足: Switch On = Track stop Off

カートから Track stop で dump するときに Open space に落とすようにしたり、もしくは別の手段でアイテムを Open space に放り込んだ場合、着地するまで Z-level? を落下します。 Stockpile 上に落下したアイテムは自動的にその Stockpile の一部としてみなされます。 これは仮に Stockpile 側の設定でそのアイテムを許可していない場合であっても同様ですが、より適切な Stockpile があればそちらにアイテムを移動するジョブが発生します。 逆に、カート上に落下したアイテムはカートの「中に」落ちません。
こういった Z-level? を落下する仕組みを利用する場合、Dwarf の頭上に注意する必要があります。(Bug:5945)

推進力の自動化

Roller について詳しくは Roller を参照してください。

Roller はカートの推進力を自動化してくれる Machine component? で、動力を必要とします。
既存の Track 上に [b]-[M]-[r] で建築し、建築時に以下が必要です。

  • Mechanic を担当している Dwarf
  • (Rollerの設置幅/4) + 1 個の Mechanism?
  • Rope?

Roller は Track ramp 上にも直接設置可能で、カートが Z-level? を登っていくように使うこともできます。 長いルートを走行させる場合でもカートの推進力を維持しておけるだけでなく、Dwarf が手動でカートを押す必要もなくなり、 Guide して移動するカートでは出せない速度で Minecart を運用できるメリットもあり、Roller の活用シーンは多くあります。

Roller は 設置する長さ (1-10 タイル分)、方向、速度が調整可能 (各数値 の項目参照) で、これらは全て設置時に設定します。
Roller の長さに応じて、1 タイルあたり 2 Power を動力として必要とします。

roller

impulse ramps

controlling traffic

switching

controlling speed

loading liquids

quirks

physics

各数値

sub-tile positions and velocity

track direction irrelevance

valid and invalid ramps

falling

cart jumps

skipping

corner ramp derail

checkpoint effect

Stacking

Perfectly Elastic Collisions

non-standard uses

adventure mode

forging and melting

see also

バグ

  • Baby? を抱えた Dwarf が Ride で移動する設定の Minecart に乗車するとその際に Baby を落とす
  • Dwarf がカートに Ride したあと、着古した衣類を Track 上に脱ぎ散らかす癖がある
    • 交通安全の概念を持たない Dwarf たちはものの回収のためなどで稼働中の Minecart 路線に立ち入り、致命的な事故が発生する原因となる。Dwarf はカートに Ride したあとに着古した衣類を Track 上に脱ぎ散らかす悪い癖があるため、Minecart の賢い応用利用 の際など、頻繁に Dwarf がカートに Ride するケースにおいて特に悩ましい問題となる。自動開閉する Hatch cover? を Ride の終点に配置しておくと 不運な事故? を防ぐことができる。
  • カートを Guide する Dwarf がロックされていない Door? を通過する際、他の Dwarf に開けてもらわない限り通過できない (Bug:6056)
  • 向かい合って互いに接近する Creature? と Minecart が全く同じ tick?*12 ですれ違った場合、衝突することなく通り抜ける
  • Dwarf が Minecart に Ride したあと、なぜかそのままカートを Stockpile に運搬し、別の Dwarf が再びカートのルート上に戻すことがある
  • Push か Roller によって発車した Minecart の初期速度が、その重量の影響を受けない (Bug:6296)
  • Stop 上で Minecart が停車しているときにその Stop を削除した場合、クラッシュする場合がある (Bug:5980)

*1 訳: 感圧プレート
*2 補足: [b]-[C]-[r] で設置する Ramp は Construction としての Ramp, Designations menu[d]-[h][d]-[r] で設置する Ramp は天然の Ramp のうちに入る。たぶん。
*3 訳注: 原文では "If you wanted to change direction on a ramp from east to north:" で "東から北へ" とあるものの、このあとの説明や図と噛み合わないため "西から北へ" という訳にしておいてる
*4 訳注: 言ってる内容が反直感的すぎて翻訳があってるのかどうか自信がない
*5 実際に試した挙動と食い違うため、翻訳時に独自に書き換えました。翻訳元では "guide north immediately when empty of desired items" の 1 条件だけがデフォルトの条件として書かれているものの、v0.34.11 の該当部分も同じ記述なので、v0.34 時の古い情報のままの可能性がある。
*6 訳: 多くとも
*7 訳: 少なくとも
*8 訳注: 設定可能な上限の日数は不明。試してみたところ少なくとも 1000 days 以上設定できる。
*9 補足: もしくは Departure condition の説明のようにその Stop で desired items ではなく any items の設定に変更しても解決しそうですが、実際に試してみたわけではないです。
*10 訳: 回避
*11 訳: ブドウ弾: 19世紀初頭まで海軍の大砲で使われていた対人用の散弾。弾径は散弾(canister shot)よりはるかに大きく、また固いケースではなくキャンバス地の袋に詰められていた。
*12 訳注: tick はDF内時間の最小単位

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-09-24 (木) 00:20:07 (1151d)