*'''資質。そして決心''' [#mde2b5b8]
----

~
~
CENTER:
'''やれるんだわ!あの椿姫と同じことを……'''~
~
~

RIGHT:
'''──────ガラスの仮面第一巻 P61'''~
~
----

 ひとりのドワーフ(59歳)がボソッとつぶやいた。~
「おれ、勇者になりたい」~
~
彼の名はUlulum。彼は&color(white,black){Hero};(英雄)でも&color(white,black){Demigod};(半神半人)でもない。&color(white,black){Peasant};だ。~

>'''意味・Peasant 【名詞】開発途上国などの小作人,小作農,小百姓 【解説】 小さな土地を耕す農民か,または雇われ農民のこと。 '''~

Ululumの両親もPeasant(小作農)だった。~
祖父母もPeasant(小作農)だった。~
両親は、ある日、食料が無くなったので肉を得ようと[[Asp(アスプコブラ)>http://dwarffortresswiki.org/index.php/Masterwork:Asp]]狩りに行った帰り道、~
Forest spider(森の蜘蛛)のAmbush(待ち伏せ)に遭い死んだのだった。~
祖父母は、ちょっと川の様子を見に行った際に足を滑らせて[[溺死>翻訳/Dwarf Fortress 2010/Water]]したのだった。~

そんな変哲もない家庭で育ったUlulumだったが、彼にはなぜか、勇者になれるという自信があった。~
なぜならUlulumは村の畑を守る自警団(''Guard Guild'')に入って色々学んでいたし、~
>'''注・''Guard Guild''。鎧と盾と戦術を効率よく学ぶことができる。Willpower(意志の力)で怪我をしてもある程度耐えて動き続けられる。 '''

それに、(農作業で鍛えられた)筋肉質な体と耐久性、そして持って生まれたドワーフ離れした敏捷性があったからだ。~
Ululumはいつも自分のAttribute(資質)を同村の友人たちに自慢し鬱陶しがられていた。~

&ref(yuushaattribute.png);

さらに、Ululumはどこから手に入れたのかSerrated Gold Spear(ギザギザの金の槍)を持っていたので、~
「金の槍。。なんかすごい。これは勇者になれと神様が言っているのかもしれない」~
と、明後日の方向に思いが飛躍した。~
そして、Ululumは旅立った。~


でもやっぱり村の外は危なそうなのでまずは村の近くで特訓をすることにした。~
*'''特訓''' [#ha611345]
----

~
~
CENTER:
'''それまでは地球が世界の中心だった。'''~
CENTER:
'''ところが天文学は、宇宙には絶対的な中心なんかない、ということを実証した。'''~
~
~
RIGHT:
'''──────ソフィーの世界 P270'''~
~

----
Ululumが勇者になることにしたその日、村を出てしばらくして彼は遠くに[[Rhinoceros>http://dwarffortresswiki.org/index.php/Masterwork:Rhinoceros]](サイ)の群れがいるのを見た。彼は遠くからじっと眺めた。~
Ululumは、もうそれ以上は一歩も、前に進もうとは思わなかった。勝てる気がしないというか村の外の世界で生き残れる気がしなかった。~

&size(15){'''「怪物に向かっていって槍で刺すとか怖すぎるよ。ネズミを刺すのも怖いのに」'''};~

Ululumはそう思った。

動物愛護団体に参加し平和主義者であり反政府主義者でもあり勇者を目指しているUlulumとしては当然の結論だった。~
そこで、安全なところで勇者になるための特訓をすることにした。
Ululumがまず始めたのは誰も傷つけないで済むスピードアップの訓練だった。~
Ululumが画面下部を見ると&color(white,black){SPEED:1140};と書いてある。~
「父さん母さんが&color(white,black){SPEED:1300};くらいでForest spiderに殺られたらしいから、おれが1140なんかで外出したらヤバイとおもう。ほんとに死ぬかも」~
そしてUlulumは父母のスピードを上回るべくスピードアップの訓練を始めたのだった…。~

&size(10){まずその辺の地面の石を};[g]&size(10){で探す。。 ない。もっと探す。ない!あった!あったぞ!};
&color(white,black){SMALL LIMESTONE ROCK};
&size(10){だ!拾う!全部で};
&size(16){''2''};&size(10){個拾う!};~
&size(10){そして自動で};
Backpack&size(10){(背負い袋)にしまう!あっ!しまっちゃだめだ!Backpackから};[r]&size(10){で取り出す!};~
&size(10){そして};
[x]&size(10){で};&color(#09C289,black){C};&color(cyan,black){: CREATE};&size(10){から};&color(white,black){MAKE SHARP ROCK};&size(10){で};[Enter]
&size(10){を押す!続けざまに};
&color(#89BDDE,black){SMALL LIME STONE ROCK};
&size(10){で};[Enter]&size(10){を二度押す!};~
&size(10){画面下部に};
&color(yellow,black){YOU MAKE A SHARP LIMESTONE.};
&size(10){(とがったLIMESTONEが一つできました)の表示が出た!};~
&size(10){次に};
[t]&size(10){(投げる対象を選択するキー)を押す!};
&color(white,black){SHRP LIMESTONE};&size(10){を選択する!テンキーや矢印キーでひとマス先のタイルにカーソルを合わせ};[Enter]
&size(10){を押す!投げた!};~
&size(10){ここで};[z]&size(10){を押すと};&color(white,black){THROWER};&size(10){と};&color(white,black){ARCHER};&size(10){に経験値が入っているのが確認できるぞ!これを10回も繰り返せば};''SPEEDが1〜2上昇する!''~

もうめんどくさいので[[マクロ>翻訳/マクロ]]を設定しよう!~
&size(10){「えーっと。};[Ctrl]+[r]&size(10){を押してから、さっきの石を拾って削って投げる一連の動作をし、もう一度};[Ctrl]+[r]&size(10){を押せば記録完了かあ。そして};[Ctrl]+[p]&size(10){を押せば実行」};~
&size(10){「さらに};[Ctrl]+[u]&size(10){を押して};[9]&size(10){を二回押して};[Ctrl]+[p]&size(10){と押せば99回連続で繰り返してくれるのかあ。この時マウスを動かすとマクロが止まっちゃうのね」};~

こうしてUlulumは何百回も石を削っては投げ削っては投げ血の滲むような勢いで投げ続け
&color(white,black){SPEED:1600};にまで成長した。~

「休憩しよ。腹も減ったので[e]を押し[[Cave Oyster>http://dwarffortresswiki.org/index.php/Masterwork:Cave_oyster]](牡蠣。なぜか最初から持っていた。)でも食べよう」~
「腹が空きすぎるとUnconscious(気絶)しちゃうからねたぶん」~
「水も飲もう。同じように[e]を押してWaterをゴクゴクっと。」~
「ついでに川で水を補充しておこう。川の隣で[I]を押してWaterskinを選んでっと……。」~
「今何時だろ[W]で太陽の位置を確認。ああもう夕方だ門限きちゃう帰ろっと」~

こうして色々頑張って眠くなった村人Ululumは村の最寄りの民家で無断で寝ることにしたのだった。~
[Z]を押して[s]を押して[d]押して[Enter]で日の出直前まで眠る。~
え?誰か話しかけてきた。勝手に人の家で寝るなということですね。わかります。~
&color(#89BDDE,black){PERMISSION TO STAY FOR A DAY};(一日泊まる許可を得る。)で許可を得て、&color(#89BDDE,black){GOODBYE};で会話終了させて、もっかい[Z]押して就寝。~
zzz……~
翌朝、他人の家で目の覚めた勇者Ululumは辺りを見渡してぎょっとした!~
なんと寝相の悪い村人たちに囲まれて身動き取れなくなっていたのだ。村人たちに起きる気配はない。なんて奴らだ!~
「[s]を押して村人かきわけて移動するしかないか……」~
村人かきわけ移動したUlulum。~
暇なのでそのままゴロゴロしながら人の家のPCで無断で[[インターネットで伝説のドワーフのようつべ動画を見ていたら>https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=nI83ZvqQmRU#t=99]]、~
勇者らしく装備が欲しくなった。勇者というのは装備を欲しがるものなのだ。~
「盾欲しい!盾!盾!」~
「とりあえず木の盾が一番手頃かな」~
「材料にする木が要るなあ。木を切り倒すための斧も要るし」~
「よし。まず石で斧を作ろっと。石斧。めんどくさいけど盾欲しいし」~
&size(10){石(なんの石でもいいけどまたLIMESTONE)を2個拾って};
[x]&size(10){で};&color(#09C289,black){C};&color(cyan,black){: CREATE};&size(10){から};&color(#89BDDE,black){KNAP STONE AXE};&size(10){で};[Enter]
&size(10){を押す!};~
&size(10){続けざまに};[Enter]&size(10){二回押して石2個を選ぶ!};~
&size(10){よし!画面下部に};
&color(yellow,black){YOU MAKE A SIMPLE LIMESTONE AXE.};
&size(10){(シンプルなLIMESTONEの斧が一つできました)の表示が出た!};~
&size(10){そして今度は盾を作るための材料(木材)を作るのだ!また};[x]&size(10){押して};&color(#09C289,black){C};&color(cyan,black){: CREATE};&size(10){から今度は一番下の};&color(#89BDDE,black){GATHER WOOD};&size(10){で};[Enter]
&size(10){を押す!};~
&size(10){さらに};&color(#89BDDE,black){SIMPLE LIMESTONE AXE};&size(10){で};[Enter]
&size(10){を押す!};~
&size(10){これで木材(PINELOG)が一つ手に入った!全部で木材は二ついるのでもう一つ作っとく!全部で2つのPINELOGを手に入れた!};~
&size(10){さてここからが大変。適当な最低3x3以上の空き地を見つけて};[Ctrl]+[t]&size(10){を押す!};
#ref(ctrlt.png)
#ref(shieldsakusei.png)
あとは画像の手順でやればできるはず!~

この機能で使うキーは、''[Ctrl]+[t]''、''[Shift]+[t]''、''[Shit]+[r]''、''[Esc]''、''[Alt]+[矢印]''、''[.]キー''、''[Enter]''くらいのものです!~

このモードはADVFortとかなんとかいう名称らしいです。完璧ではなく[[Farmer's Workshop]]他いくつかのものが機能しません!~
しませんがWooden Round Shield(木の盾)くらいは問題なく作れます!~
Tanner's Shopでskin(動物の生皮)をLeather(皮革)に加工してから、~
そのLeatherを[[Leather Workshop]]でWarterskin(水筒)やQuiver(矢筒)や~
他の皮革装備に加工することもできます!たぶん!~

ということでUlulumは念願の盾を手に入れた!なんて勇者っぽいんだろう。。Ululumは感動した。しかしUlulumは[[足るを知らなかった>http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1217453617]]。

*'''食欲・物欲・地位欲''' [#t986668f]
----

~
~
CENTER:
'''Content is the philosopher's stone, that turns all it touches into gold.'''~
CENTER:
'''(満足は賢者の石。それは触れるものすべてを金に変える)'''~
~

RIGHT:
'''──────Thomas Fuller'''~
~
----
UlulumはArmor(鎧)やGauntlet(篭手)やGreaves(脛当て)が欲しくなった。~
盾を手に入れそのカッコよさに我を忘れ、もっとカッコイイものが欲しくなってしまったのだ。~
それに盾を手に入れたことでその辺の動物には負けない気がしてきた。~
「余裕だろーこれ」
Ululumは思った。さらにこう考えた。~
「それに勇者を目指すということはかっこ良くなるということだ。勇者=強い=カッコイイ=盾=鎧という連立微分方程式も成り立つ」~
今やUlulumは本気で勇者を目指しているかのような勢いだ。~
自分がPeasant(小作農)で祖父母は近所の川に滑って落ちて死んだということも忘れているかのようだ。~
Ululumは動物相手に特訓することに決めた。~
&size(11){UlulumはArmor(鎧)やGauntlet(篭手)やGreaves(脛当て)が欲しくなった。};~
&size(11){盾を手に入れそのカッコよさに我を忘れ、もっとカッコイイものが欲しくなってしまったのだ。};~
&size(11){それに盾を手に入れたことでその辺の動物には負けない気がしてきた。};~
&size(11){「余裕だろーこれ」};
&size(11){Ululumは思った。さらにこう考えた。};~
&size(11){「それに勇者を目指すということはかっこ良くなるということだ。勇者=強い=カッコイイ=盾=鎧という連立微分方程式も成り立つ」};~
&size(11){今やUlulumは本気で勇者を目指しているかのような勢いだ。};~
&size(11){自分がPeasant(小作農)で祖父母は近所の川に滑って落ちて死んだということも忘れているかのようだ。};~
&size(11){Ululumは動物相手に特訓することに決めた。};~
でもやっぱり怪物に襲われたら怖いのでSneak(こそこそ隠れながら移動する。)しながら行くことにした。~
弱そうな動物を遠くから石で完膚なきまでに痛めつけてから、~
勇者らしく接近戦で正々堂々と勝負すればいいのだ。~
「[S]でSneak。外の世界を甘く見るものは早死にするであろう」~
「あれ。なんかSpeedがガクッと下がった」~

#ref(Sneak.png)

そう。Sneakするとちんたら動くので動きが遅くなるのだ。~
しかしこれはSneakの経験を積みまくってSneakレベルを上げていくことでいずれは解消される。~
「やけにSilk web(蜘蛛の巣)があるから蜘蛛多いんかなあ。Forest spiderが[[Ambush>Ambusher]]していたらと思うとすごくこわい」~
「同族の[[Giant cave spider>http://dwarffortresswiki.org/index.php/Giant_cave_spider]]の蜘蛛の糸は見えないように張ってあって、しかも毒の牙まで持ってるらしいし」~
「やつらはSneakしてるから卑怯くさくて嫌だ」~
人のSneakを批判しつつ自らはSneakでズンズン野生の世界を進んでいくUlulum。~
すると前方になんかいた。~
「あれは、、Lionman(人型ライオン)だ!なんか強そう」~
「とりあえずおれのSneakバレてないみたいだから石を投げまくって弱らせよっと」~
「それから正々堂々と勝負だ」~
ビシビシビシビシビシビシビシビシ!隠れながら高速で石を拾っては投げ、拾っては投げるUlulum。~
骨が砕け、血を撒き散らすLionman!~
さらに投げるUlulum。「これはいける!」~
体のパーツがはじけ飛ぶLionman!~
次の瞬間Ululumはキー入力間違えてLionmanの近くに移動してしまった。~
画面下部に&color(red,black){YOU'VE BEEN SPOTTED!};(あなたは発見された!)の表示が!さすがに近すぎバレた!~
「やばい死ぬ」~
Ululumは生まれて初めて死を身近に感じた。~
#ref(Lionmanに誤爆.png);
しかし目の前のLionmanたちは結構ボロボロだ。~
「勝てるかも」~
ちょっと[l]キーを押してLionmanの体の状態を確認してみる。出血・手足の骨折・神経の損傷が結構ある。~
それに対してSneakを解いたUlulumは&color(white,black){SPEED:1600};。そして無傷。これはフリーザほどではないが中々の数字だろう。~
Ululumは最寄りのLionmanに接近戦を挑んでみることにした。~
「[A]でLionmanを選んでから、正々堂々と素手で攻撃だ!」~
なんのための槍なのか!~
Lionmanが弱々しい動きで噛み付こうとしてきたところをUlulumは右手で抑えつけ殴る!~
ゴキッ!Lionmanの歯が折れて飛び散った!~
「これはいける!牙を失ったLionなど怖くはない!」~
#ref(Lionman呼吸困難.png);
たまに距離を取って石やダガーも投げてみる!投げたダガーはLionmanの肺にまで達したようだ!Lionmanは呼吸困難を起こしている!~
チャンス!!槍で頭をなぎ払う!刺す!刺す!ぶっ刺す!
後ろに下がりながら残りのLionmanも仕留めていく!
#ref(Lionman死亡.png);
「ふうー。楽勝だった」~
どうやら&color(white,black){SPEED:1600};あれば重度の怪我をしたLionmanは脅威ではないらしい。~

死体を漁るUlulum。食べられそうな部位はなく、鎧の材料になりそうなものもなかった。~
「骨でブーツを作ることはできるけど([x]メニューから。)、骨のブーツなんて勇者らしくないしなあ……」~
骨製の装備は好みじゃないUlulumは金属製とは言わないまでもせめて皮革製の鎧が欲しかったので、~
leather(皮革)を作るためのskin(生皮)を落としそうな動物を狩りに行くことにした。~
早速すぐ近場で[[Rattlesnake>http://dwarffortresswiki.org/index.php/Rattlesnake]](ガラガラヘビ)3匹発見!~
>'''訳:ガラガラヘビ。この生物はドワーフにとって脅威となり得る。子供なら簡単に殺してしまう。通常はドワーフに対して用心深く、距離を保とうとする。'''

むむむ。ドワーフを簡単に殺すほどの毒を持っているのか。しかし近づくと逃げ出すとも書いてあるようだ。~
それに殺せばskinも得られそうだ。~
Ululumはやってやることにした。~
まずは投石。投げまくる!しかし当たらない。仕方ないので接近して直接殴る!~
「あっさり倒せた!死体からskinを剥ぎ取っておきたいな」~
「[x]を押して&color(#09C289,black){B};&color(cyan,black){: BUTCHER};を選んでから手持ちのSpear(槍)で解体っと。(刃物があれば解体できる。)」~
「んで[g]で拾う。あれ?skinがないなあ。ヘビはScaleなのかな。まあ代わりにScale(鱗)でもいっか。鱗の鎧ってかっこいいし」~
「Meat(肉)ももらっておく。食料が尽きてきたから。[e]でさっそく食べよう」~
「ついでに槍についたblood(血)も同様に[e]で飲んでおこう。昔、[[村を訪れたHuman(人間)が血を美味しそうに飲んでたし>https://www.youtube.com/watch?v=0sWGpfcQnHk#t=74]]」~
「ゴクゴク。プハァッ!イヌイットにとって血は貴重な水分と栄養さー」~
しかしUlulumはイヌイットではなかった!
#ref(Rattlesnake死亡.png);
「LionmanとRattlesnakeを倒してちょっと強くなって来たかもしれない」~
「[z]を押してSkillを確認。戦闘系はあんまり育ってないなおれ。。がっくり」~
「あ!でも[[Fighter]]スキルはそこそこ成長してる!武器の扱いが上手くなったってことだ!」
#ref(戦闘の結果.png);
「鱗の鎧でも、着てればRattlesnakeやAspに噛まれても毒の牙の貫通を防げるんだろうか。わかんないなあ」~
「わかんないけど一旦村に戻って鎧とか作ろうかな」
「わかんないけど一旦村に戻って鎧とか作ろうかな」~
村に戻ったUlulum。装備の作成に取り掛かる。~
「前と同じように[Ctrl]+[t]でAdvfortモードを起動して&color(white,black){Build};で[Alt]+[←]っと」~
「さっき手に入れたScaleをなめしたいからPinelogを地面に置いてからTanner's shopを建設。はいできた」~
「次はScaleを地面に置いて……。ああしてこうして…。[.]キーを何回か押して…よしShellplateになった」~
「あれ?ScaleがShellplateになったはいいけど量が少ないような。。どこかに落ちてるのかな?まあいいか」~
「次に[[Leather Workshop]]を建設してShellplateを地面に置いてArmor(鎧)やGreaves(脛当て)を作る!」~
「できた![g]で拾って[w]で早速装備。うぅ〜ん勇者っぽい。勇者といえばやっぱり鎧だよ。[[パパス>http://file.andonatu.blog-mmo.com/dragon-quest-v-artwork-28.jpg]]は露出が多すぎてあかん」~
こうして関西人でもないのに関西弁で批評を混じえつつ、この日も他人の家で[Z]で眠りにつき一日を終えたのであった。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS